• プリント

平和構築の構造出典「国連の基礎知識」

国連の平和構築の構造は「平和構築委員会」、「平和構築基金」、「平和構築支援事務局」から構成される。

平和構築委員会(Peacebuilding Commission)」(www.un.org/en/peacebuilding)は31カ国で構成される政府間機関で、戦争から恒久平和へと移行する国々を支援することに専念する。平和構築に関連するあらゆる主体、すなわち国際援助国や国際金融機関、政府、部隊派遣国、市民社会代表を一堂に集め、紛争後の平和構築、復興のための統合戦略を提案し、早期復興活動のための予測されうる融資や持続可能な財政投資を確保できるように助ける。また、国際社会による支援期間を紛争後の復興にまで拡大し、政治、軍隊、人道、開発に関係する主体間の幅広い協力を必要とする問題について最善の慣行を発展させる。

平和構築基金(Peacebuilding Fund)」(www.unpbf.org)は、紛争終結後の平和構築のための複数年に及ぶ常設の基金で、任意の拠出金でまかなわれる。平和構築活動を始めるにあたって必要となる資金を即時提供できるようにし、また、復興のための適切な融資の可能性を探る。

平和構築支援事務局(Peacebuilding Support Office)」(www.un.org/en/peacebuilding/pbso/)は、平和構築委員会を支援し、平和構築基金を管理し、かつ事務総長を助けて国連諸機関の平和構築活動の調整を図る。