• プリント

平和構築出典「国連の基礎知識」

UN Photo/Steen Johansen

国連にとって、平和の構築には、紛争管理のあらゆるレベルにおいて国家の能力を強化することによって暴力的な紛争の危機を削減し、持続可能な平和と開発のための基礎を築くことを目標とした広範にわたる措置が含まれる。国連が力を入れていることは、暴力的紛争に導く恐れのある要因を克服できるように国家の能力を高めることである。平和構築の正確な性質は異なる状況によって変わってくるものの、一般に強調されていることは、身の安全と安全保障、司法、公共行政を強化し、対話と和解を支援し、基本サービスを提供し、経済の再活性化を図ることである。平和構築には総会、安全保障理事会、経済社会理事会、それに国連システムの幅広い機関や事務所による行動が含まれる。現地での活動、専門機関、国際金融機関なども含まれる。政治的かつ平和構築ミッションには三つのタイプがある。すなわち、現地ベースのミッション、特別使節、安全保障理事会の制裁パネルおよび監視グループである。

平和構築はアフガニスタン、ボスニアヘルツェゴビナ、カンボジア、エルサルバドル、グアテマラ、イラク、リベリア、リビア、モザンビーク、シエラレオネにおける国連活動で大きな役割を果たした。国家間の平和構築に関する例としては、国連エチオピア・エリトリア・ミッションを上げることができる。

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。