• プリント

平和と公正をすべての人に出典「国連の基礎知識」

関連リンク

持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する。平和、公正、効果的で説明責任のある包摂的な制度は持続可能な開発の中核をなす。多くの国は依然として長引く対立と暴力に直面し、あまりにも多くの人々が闘いに明け暮れている。これは制度が脆弱であるばかりでなく、司法、情報、他の基本的自由へのアクセスがないためである。世界の意図的な殺人の犠牲者の数は2008年から2014年にかけては比較的安定していた。それでもその間の開発途上国における殺人率は開発先進国の2倍で、後発開発途上国ではその率はさらに上昇している。2011年、グローバルなレベルでの人身売買の犠牲者の34パーセントは子どもたちで、204年に比べ13パーセントの上昇であった。

法の支配と司法アクセスについての進歩は入り混じったものである。世界的に、判決手続きのないままに拘置される人々の割合は少し下がり、2003年―2005年の拘置されたすべての人の32パーセントから2012年―2014年の30パーセントへとなった。国の人権機関を有する国の割合は過去15年で2倍になり、2015年末では35.5パーセントを占めた。SDG 16は、すべての人が強力で効果的な制度によって支援され、かつ司法、情報、他の基本的自由にアクセスできるようにすることを求めている。

国連は、広範にわたる国際的に受け入れられた権利についての定義を行い、これらの権利を促進、擁護するメカニズムを設立した。それには女性、子ども、障害者、移住者、先住民のような弱い立場の人々の権利も含まれる。また、女性や女児に対する暴力、人身売買のような特定の問題に取り組む特別報告者も任命されている。

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。