• プリント

第7回 アフリカ開発会議(TICAD Ⅶ)

TICADとは

第7回アフリカ開発会議(TICAD7)が2019年8月28日~30日、横浜で開催されます。
 TICADとは,Tokyo International Conference on African Development(アフリカ開発会議)の略であり,アフリカの開発をテーマとする国際会議です。日本政府が主導し,国連,国連開発計画(UNDP),アフリカ連合委員会(AUC)及び世界銀行と共同で開催しています。1993年以降、第5回会議(2013年)までは5年に一度開催され,第6回会議(2016年)からは,3年に一度の開催。
 開催場所は、第1回から第3回会議は東京,第4回及び第5回は横浜、第6回はアフリカ(ケニア,ナイロビ)でした。

ケニアで考える:SDGs推進の国連のチーム力、そして日本とのパートナーシップ

TICAD7の開催を前に、国連広報センター所長の根本が3月10日から20日までの日程でケニアを訪れ、「SDGs推進の国連のチーム力、そして日本とのパートナーシップ」を主眼に、同国における国連の活動を視察しました。ブログ・シリーズをお届けます。

詳細をみる

TICAD7リレーエッセー “国連・アフリカ・日本をつなぐ情熱”

日本では6年ぶりとなるTICADに向けて、国連広報センターはアフリカを任地に、あるいはアフリカと深く結びついた活動に日々携わっている日本人国連職員らに呼びかけ、リレーエッセーをお届けしていきます。
取り上げる国も活動の分野も様々で、シリーズがアフリカの多様性、そして幅広い国連の活動を知るきっかけになることを願っています。

詳細をみる

最近の動き

もっと見る

メディア情報

もっと見る

ビデオ

もっと見る

TICAD7と国連諸機関

TICAD7に関係する国連諸機関のリストをご覧ください。

共催

その他

外部関連組織

アーカイブ