• プリント

人種主義出典「国連の基礎知識」

1963年、総会は「あらゆる形態の人種差別撤廃に関する宣言(United Nations Declaration on the Elimination of All Forms of Racial Discrimination)」を採択した。宣言は、すべての人は基本的には平等であるとのべ、人種、皮ふの色もしくは種族的出身に基づく人間間の差別は世界人権宣言に掲げる人権の侵害であり、国家間および人民間の友好的かつ平和的関係に対して障害となることを確認した。2年後、総会は「あらゆる形態の人種差別撤廃に関する国際条約(International Convention on the Elimination of All Forms of Racial Discrimination)」を採択した。これによって、締約国は、人種差別を防止し、処罰するために立法、司法、行政、その他の措置を取ることが義務付けられた。「人種差別撤廃委員会(Committee on the Elimination of Racial Discrimination)」は、締約国による条約の実施を監視し、また、権利がどのように実施されているかについて締約国が定期的に委員会に提出する報告を検討する。委員会はそれぞれの報告を再検討し、「総括所見」という形でその懸念や勧告を締約国へ送付する。

1993年、総会は「第3次人種主義および人種差別と闘う10年(Third Decade to Combat Racism and Racial Discrimination、1993‒2003年)」を宣言し、新しい形態の人種差別主義と闘うためにとくに法律、行政措置、教育および広報による措置をとるよう加盟国に要請した。同じく1993年、人権委員会は、現代的形態の人種主義、人種差別、外国人排斥および関連する不寛容に関する特別報告者を任命した。それ以来、4人の報告者がその任務を完了した。任務は人権理事会によって定期的に延長される。

2001年、第3回人種主義、人種差別、外国人排斥および関連する不寛容に関する世界会議(World Conference against Racism, Racial Discrimination, Xenophobia and Related Intolerance)が開催された。会議ではとくに、防止、教育、保護の措置も含め、人種主義撤廃の具体的措置に焦点が向けられ、「ダーバン宣言」と「行動計画」が採択された。2009年に「ダーバン再検討会議(Durban Review Conference)が開かれ、世界会議が設定した目標への進展状況を評価し、ダーバン再検討会議成果文書を採択した。2011年9月22日、総会は、宣言と行動計画採択10周年を記念してニューヨークの国連本部で1日だけのハイレベル会合が開催した。会合で採択された政治宣言で、世界の指導者たちは人種主義、人種差別、外国人排斥および関連の不寛容との闘いを自国内で最優先させると宣言した。

宣言と行動計画の追跡調査を行う三つの機構がある。「ダーバン宣言と行動計画の効果的実施に関する作業部会」、「現代的基準作成アドホック委員会」、「アフリカ系人々に関する専門家作業部会」である。

この数年、アフリカ系の人々が特別の注意を受けてきた。2011年、国連は「アフリカ系の人々のための国際年」を記念した。2013年、総会は「アフリカ系人々のための国際の10年」を宣言、これは2015年から2024年までの10年を対象としている。アフリカ系人々とともに参加し、10年の活動計画を実施する措置を取り、彼らの人間関係を改善するために、国連加盟国、市民社会、その他の関係主体のための枠組みを提供するものである。

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。