• プリント

国連広報センターについて

国連広報センター(UNIC)は1958年4月、国連広報局直属の機関として東京に設置されました。UNICは日本の人びとの国連とその活動に関する関心を高め、理解を深めるため、日本語資料の作成、記者会見やメディア・インタビュー設定、イベントの企画・開催など、幅広い広報活動を行っています。近年、インターンの協力を得ながら、ソーシャル・メディアによる発信も行っています。

日本語資料の作成

p_image_1_538_1国連とその活動について、日本語で情報を発信しています。冊子やパンフレット、ニュースレターなどを作成し、声明やメッセージ、および安保理や総会などの重要決議や報告書を翻訳してウェブサイトに掲載するなどしています。

記者会見やメディア・インタビューの設定

p_image_1_538_2来日した国連事務総長やその他の上級職員による記者会見やメディア・インタビューなどを設定したり、国連機関の重要報告書などの記者発表を行ったりしています。

記念イベントの開催

p_image_1_538_3国際女性の日(3月8日)、国連デー(10月24日)、人権デー(12月10日)などを記念し、イベントを企画、開催しています。

国連訪問

p_image_1_538_4修学旅行や職場訪問で国連大学ビル(渋谷)を訪れる中高校生(10人程度)を対象に国連広報センター、国連とその優先課題などに関する説明を行っています。

講演・ガイダンス

p_image_1_538_5国連とその活動などについて、大学、地域自治体やNGO、一般市民の方々を対象に講演やセミナー、ガイダンスなどを行っています。

レファレンス

国連の文書や資料に関する参考調査業務を行ったり、写真・ビデオに関するお問い合わせに対応したりしています。

インターンシップ

p_image_1_538_7インターン(原則3か月、常時5~6人)を受け入れ、国連広報センターの広報業務を体験いただいています。

事務局本部への支援

p_image_1_538_8来日する事務総長やその他の上級職員に対し、政府、あるいは自治体、NGO、企業などの招請団体や訪問先との連絡調整、取材の調整、ブリーフィング・ノートの作成、通訳手配などの支援を提供しています。また、日本のメディアによる国連活動に関する報道を収集・分析し、国連本部に適宣伝えるとともに、国連にとって重要と思われるような国内の政治・経済状況について国連本部に情報を伝えています。