• プリント

平和構築出典「国連の基礎知識」

UN Photo/Steen Johansen

国連にとって、平和構築とは戦争から平和への移行期にある国や地域を支援することである。平和構築のプロセスは一般に元紛争当事者が和平合意に署名することから始まる。同時にその実施を進める国連の役割も受け入れられなければならない。国連は武器に訴えるのではなく、交渉によって問題の解決を図るための外交交渉を続ける。こうした外交的な役割も平和構築の一環とみなすことができるかもしれない。また、その一環として、平和維持要員の展開、難民の本国帰還と社会への統合、選挙の監視、そして戦闘員の武装解除や動員解除、社会復帰なども進める。平和構築の中心となるのは、新しい、正統な国家を建設することである。紛争を平和的に解決し、一般市民を保護し、人権の尊重を保障する能力を持つ国家の建設である。

平和構築には世界銀行を初め、地域経済委員会、非政府組織(NGO)、現地の市民グループなど、国連システム内のさまざまな機関の行動が求められる。平和構築はボスニア・ヘルツェゴビナ、カンボジア、エルサルバドル、グアテマラ、コソボ、リベリアやモザンビーク、そして最近ではアフガニスタンやイラク、リビア、シエラレオネでの国連活動で優れた役割を果たした。国家間の平和構築に関する最近の例としては、国連エチオピア・エリトリア・ミッションを挙げることができる。