• プリント

人道支援活動の調整出典「国連の基礎知識」

p_image_247

UN Photo/Fardin Waezi

1990年代以降、内戦が頻発し、規模も激しさを増した。それが大規模な人道危機の原因となり、複雑な政治的、軍事的環境の中で多数の命が失われ、大量の避難民が生まれ、社会も広範な損害を被った。こうした「複雑な緊急事態」に対処するために、国連は迅速かつ効果的に対応するための能力の向上を図ってきた。1991年、総会は機関間常設委員会を設置し、人道的危機に対する国際社会の対応を調整させることにした。国連緊急援助調整官(United Nations Emergency Relief Coordinator)はこうした活動における国連の中心的存在で、人道的緊急事態に関しては国連全体の主席政策顧問であり、調整官であり、また唱道者である。緊急援助調整官はまた人道問題調整事務所(Office for the Coordination of Humanitarian Affairs: OCHA)の長も務める。(http://www.unocha.org/)OCHAは、単一の機関の能力と任務を超える人道危機に際して、各種機関が行う援助活動を調整する。

一般的に、政府や非政府組織(NGO)、国連の諸機関など、国際社会には多くの主体があって、複雑な緊急事態に対しては同時に対応しようとする。OCHAはこれらの主体と協力して、それぞれの主体が全体の活動に迅速かつ効果的に貢献できるようにする一貫した救援の枠組みをつくる。緊急事態が発生すると、OCHAは国際的な救援活動の調整を行う。国連本部やフィールドで加盟国や機関間常設委員会(Inter-Agency Standing Committee: IASC)のメンバーと協議し、活動の優先順位を決める。人道支援の機関間の調整を行う主要な機関として、IASCは主要な国連や国際社会の国連、非国連の人道パートナーを救援活動に参加させる。ついでOCHAは被災国における活動の調整を行う。たとえば、OCHAは、実施可能で適切な場合は、人道的緊急事態に対応するために、軍隊を効果的に利用できるようにする。

OCHAには、24時間の監視警戒態勢に支援される緊急対応能力を備えている。自然災害や突発性の緊急事態が発生すると、12時間から24時間以内に国連災害評価調整チームを派遣し、情報を収集し、ニーズを評価し、国際援助を調整する。OCHAはまた、地域事務所や現地事務所、国連人道調整官、災害発生国チームのネットワークを通して作業を進める。人道調整官が現地での救援活動の一貫性を保つ総合的な責任をもっている。また、OCHAはニーズの評価や災害対策プランニング、救援計画の策定を調整し、それによって人道調整官や援助を行う実施機関を支援する。

さらに、OCHAはIASCパートナーや人道調整官を助けて、機関間の統合アピールを行って資源の動員を図る。援助国会議を開催し、フォローアップの取り決めを行い、そのアピールに対する拠出金の状況を監視し、援助国やその他に最新の動きを知らせるために状況報告を発表する。1992年から2012年にかけて、OCHAは、330件の統合アピールや「緊急」アピールを行って、緊急援助用に420億ドルの拠出を受けた。

OCHAの「国連中央緊急対応基金(Central Emergency Response Fund: CERF)」は、緊急事態に即時に対応できるように、改善された融資機構として2006年3月に発足した。この基金が設立されたのは、一連の非常に破壊的な自然災害を受けてのことであった。こうした災害はほとんど何の予告もなしに発生し、迅速な緊急救援や復興の対応が求められる。たとえば、2004年12月のインド洋地震と津波、2005年10月の南アジアの地震、かつてなかったようなハリケーン・シーズン、2006年2月のフィリピンでの大規模地滑りなどである。2012年12月のCERF年次ハイレベル会議では、40カ国以上の国連加盟国とその他の公的および民間の援助機関が2013年度のために3億8400万ドル以上を誓約した。2006年の設立以来、CERFは87カ国で活動する人道機関に対して30億ドル以上の割り当てを行った。

OCHAはまた、人道社会のパートナーとともに政策についてコンセンサスを作るとともに、実際の救援活動から生じる特定の人道問題などを明らかにする。人道機関の任務なのか、あいまいな問題も含め、主要な人道問題が解決されるように努める。人道問題を啓発することによって、OCHAは無言の危機犠牲者に代わって発言し、人道社会の見解や懸念が復興と平和の建設への総合的な努力の中に反映されるようにする。また、人道規範や原則がより以上に尊重されるようにするとともに、被災者へのアクセスや制裁の人道上の影響、対人地雷、小型武器の自由な拡散のような特定の問題に注意を喚起する。

人道擁護、政策決定、緊急調整を支援するために、OCHA は強固なオンラインを確立している。「ReliefWeb」(http://reliefweb.int/)で、その管理を行っている。これは世界のもっとも重要なウェッブ・サイトで、世界の緊急事態について最新の情報を提供する。また、IRIN(統合地域情報ネットワーク)(www.irinnews.org)のホストも務めている。これは、サハラ以南のアフリカ、中東、アジア、南北両アメリカについて正確かつ公平な報告と分析を提供するニュース・サービスである。