• プリント

文化と発展出典「国連の基礎知識」

ユネスコの文化活動は有形、無形の遺産の助長を中心に進められている。そのため、持続可能な開発と社会的一体性の達成を支援し、平和の文化を育成するために、多様な文化の表現を保護、助長し、かつ異文化間の対話を促進し、紛争後もしくは自然災害後の国における和解と復興のために文化的要素を取り入れる。

2003年、ユネスコ総会は「文化遺産の意図的破壊に関するユネスコ宣言」を全会一致で採択した。これは、アフガニスタンのバーミヤンの仏像が2001年に悲劇的に破壊されたことを受けて採択されたものである。ユネスコの「2003年無形文化遺産の保護に関する条約(2003 Convention for the Safeguarding of the Intangible Cultural Heritage)」は、口承伝統、習慣、言語、舞台芸術、儀式、祭り、伝統的知識、伝統工芸品、危機言語、言語の多様性を促進することについて規定している。2005年の「文化的表現の多様性の保護および促進に関する条約」は、文化的財・サービスをアイデンティティと価値の手段だと認め、そうした文化的財・サービスの創造、生産、配布、享受を強化することを求めている。とくに、開発途上国における関連産業を支援することが求められた。