• プリント

社会への統合出典「国連の基礎知識」

国連が特別の注意に値すると認めてきた社会グループがいくつか存在する。若もの、高齢者、貧困者、障害を持つ人々、少数者と先住民などである。彼らの関心は総会、経済社会理事会、社会開発委員会で取り上げられる。これらのグループを対象とした具体的な活動は国連社会経済局(DESA)のなかで実施される(www.org/esa/socdev)。国連はそうした社会的弱者の人権を定義付け、その擁護に力を貸してきた。また、これらの社会グループに関する行動のための国際規範や基準、勧告を作成した。さらに、調査研究やデータの収集、それに理解や国際行動を奨励する目的で、特別の「国際年」や「国際の10年」を指定する宣言も行った。