• プリント

ジェーン・グドール

Jane Goodall

英国 | 2002年に任命

ジェーン・グドール博士は、チンパンジー研究の先駆者です。「ジェーン・グドール・インスティテュート(JGI)」は、アフリカにおいて野生動物の画期的な保護と開発プログラムを創設したことで広く知られています。博士のアフリカでの画期的な研究は1960年に始まりました。グローバルな取り組みである「ルーツ&シューツ(Roots & Shoots)」プログラムは、人々、動物、環境に役立つプロジェクトに携わるおよそ100カ国の何万人という若者を支えています。2002年に国連ピース・メッセンジャーとして任命され、国連が力を注ぐ環境問題を支援し続けています。

重点分野:環境保護

生態系がかつてないほど逼迫し、持続可能な開発の見通しが脅かされていることは、科学的証拠によって示されています。地球の生物資源は、人間の経済と社会の発展に欠かせません。しかし、人間の活動による影響は、近年、人口増加とグローバルな気候変動によって増幅し、全世界の生態系において生物の多様性を激減させています。国連システム全体が、さまざまな形で環境保護に携わっています。気候変動への取り組み、大気圏の保全、エネルギーの持続可能な利用の向上、森林破壊や土砂流出、砂漠化への対策、大気汚染と水質汚染の防止、漁業資源の枯渇阻止、有毒廃棄物の安全な管理促進など、国連は数多くの環境問題に対処しています。

United Nations Environment Programme (UNEP)
Climate Change
Convention on Biological Diversity (CBD)
Sustainable Development
UN Framework Convention on Climate Change
UN Sustainable Energy for All Initiative