• プリント

UNICEF(国際連合児童基金)東京事務所

United Nations Children's Fund (UNICEF) Tokyo Office

UNICEFとは

UNICEF事務局長
アンソニー・レーク

UNICEFは子どもたちの権利の実現を世界的に推進する機関で、150以上の国・地域におけるプログラムと34カ国でのユニセフ協会のアドボカシー及び資金調達を通じ、世界190カ国以上で活動を展開しています。UNICEFは子どもの保健・栄養、安全な水・衛生、すべての男子・女子のための質の高い基礎教育、暴力・搾取・エイズからの保護活動を支援しています。活動資金はすべて、個人、ビジネス、基金、政府からの任意拠出金です。

UNICEF東京事務所からのメッセージ

UNICEF東京事務所
代表
木村 泰政

世界中すべての子どもたちに、公平な機会を―これは、UNICEFが掲げている理念であり、子どもの権利条約を通して国際社会が子どもたちに約束していることでもあります。

公平な社会と聞いて皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。女の子でも、障がいのある子でも、貧しくても、裕福な家庭に生まれた子でも、すべての子どもが、自分たちの可能性を十分に伸ばすチャンスがある世界。UNICEFは、そのような世界を目指して活動しています。この25年間で、極度の貧困の中で暮らす人々の割合は大幅に減りました。また、小学校に通う子どもたちの数も増えました。しかし、目覚ましい進展があった一方で、国や地域の間での格差はむしろ広がっています。

いま、私たちに必要なのは、最も困難な状況にいる子どもたちに支援を届け、地球上にいるたった一人の子どもたちも取り残すことなく、彼らが学校に行き、安全で愛情を受けられる環境で育ち、夜安心して眠れるような世界を築いていくことです。UNICEFは、『公平性』を支援の軸において、災害・貧困・差別・紛争などの影響を受けている子どもたちに支援を届けるべく世界190か国で活動しています。

戦後、日本はUNICEFの支援を15年間受けていました。そして東京オリンピックがあった1964年、日本はUNICEFの支援から「卒業」し、今では私たちの組織になくてはならない、最も重要なドナー国の一つとなりました。2015年、日本政府からUNICEFへの拠出金は約1億6050万ドルにも達しました。日本からの支援は最も弱い立場にいる子どもと家族とを支えてくださっています。未来を築いていく子どもたちへの支援は、地球の未来への投資です。UNICEFは、日本政府、そして日本の皆様とともに、子どもたちのために活動を続けていきます。

お問い合わせ先

UNICEF(国際連合児童基金)東京事務所

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学本部ビル8F
http://www.unicef.org (本部/英語)
http://www.unicef.org/tokyo/jp/ (UNICEF東京事務所/日本語)