• プリント

国連薬物犯罪事務所出典「国連の基礎知識」

United Nations Office on Drugs and Crime(UNODC)

関連リンク

国連薬物犯罪事務所は1997年に設立され、不正薬物と越境組織犯罪と闘う世界の指導的機関である。すべての者のために健康、安全、正義をもたらし、テロとの闘いに法的、技術的支援を行う。法の支配をさらに進めるために協調的な国際行動を強化することを目的に、権威ある報告書を作成するための調査と分析を行い、薬物と犯罪、テロリズムに関する国際条約を批准、実施する国家に対して技術援助を行い、これらの国際条約と整合した国内立法を発達させ、司法担当官の研修を実施する。そのほかに重視されているのは、薬物用作物の栽培農民のために持続可能な代替農業を作り出すとともに、防止、治療、再統合を進めることである。こうした措置を通して、不正活動の誘因をなくする活動を進め、薬物乱用やHIV/ エイズのまん延、薬物関連の犯罪に取り組んでいる。

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。