• プリント

国際連合環境計画(UNEP) 国際環境技術センター(IETC)

United Nations Environment Programme (UNEP)
International Environmental Technology Centre (IETC)

unep-ietc_logo

UNEP-IETCとは

unep-ietc_1
国連環境計画 事務局長
エリック・ソルヘイム

2012年、持続可能な開発に関する国連の会議「リオ+20」において国連環境計画(UNEP)の役割が再確認されました。UNEPは環境に携わる世界のリーダーとして地球環境問題解決のための協議事項を定め、持続可能な開発のための環境面における首尾一貫したプログラムの実施を促し、世界の信任を得て地球環境保全を主導します。1992年大阪に設立された国際環境技術センター(IETC)はUNEPの技術・産業・経済局に属し、主に途上国と経済が過渡期にある国に対する環境に適正な技術の利用を促進します。2011年以降このセンターはその使命を廃棄物管理のための技術に特化し、関連する政策や経済的な側面も勘案して事業を進めています。2012年にUNEPの決定によりIETCが廃棄物管理に関する地球規模の優秀なセンターとなる使命も与えられました。

UNEP-IETCからのメッセージ

unep-ietc_2
UNEP IETC 所長
キース・アルバーソン

廃棄物は持続可能な開発のための資源とみなされる -UNEP国際環境技術センター(IETC)のビジョンは廃棄物管理に重点を置く環境技術に関して地球規模の優秀なセンターとして持続可能な開発という包括的な枠組みの中で廃棄物の問題に対する能力開発を実施しています。IETCはプロジェクトを実施するにあたって廃棄物管理を主要な活動分野として、ホリスティック(全体論的)なアプローチを取りながら廃棄物を資源として考えるための政策を推進しています。IETCが役割を担い廃棄物管理を必要とする途上国を支援する上で、UNEPは次のようなイニシアチブがあります。(1) 国レベルと都市レベルにおける廃棄物管理戦略構築、(2) 廃棄物管理に関する知識の拠点構築、(3) 廃棄物学術カリキュラムの構築、(4) グローバル規模ならびに地域に関する廃棄物管理概要の作成(現在の対象はアジア、中央アジア、島嶼国、南アジアなど)、(5) 廃棄物グローバルパートナーシップの構築ならびに、(6) プロジェクト実施にあたってIETCからのテクニカルサポートを提供するために廃棄物の様々な内容に関してのガイダンスや技術概要集や報告書の作成をしています。情報はセンターのウェブサイトwww.unep.org/ietc/.をご参照願います。

お問い合わせ先

国際連合環境計画(UNEP) 国際環境技術センター(IETC)

大阪事務所
〒538-0036
大阪府大阪市鶴見区緑地公園2-110 
Tel:06-6915-4581 / Fax:06-6915-0304
http://www.unep.org/ietc (IETC)
http://www.unep.org (HQ)