• プリント

世界貿易機関出典「国連の基礎知識」

World Trade Organization(WTO)

関連リンク

世界貿易機関は、国家間のグローバルな貿易の規則を取り上げる唯一の国際機関である。1995年に設立され、全加盟国が合意する多国間規則に基づくシステムの中で貿易が円滑に行われるように支援し、政府間の紛争を公平に解決し、貿易に関する交渉のためのフォーラムを提供する。WTOシステムの中心にあるのが、国際取引と貿易政策に関して基礎的な法規則を提供するおよそ60のWTO協定や合意である。これらの協定の基本的な原則は、無差別、より開かれた貿易、競争の奨励、後発開発途上国のための特別規定である。

WTOは、障壁の引き下げや、貿易規定の改定を通して国際貿易システムを改革する目的で加盟国が交渉を進めるためのフォーラムである。2001年、新しい多国間貿易交渉ラウンドが始まった。「ドーハ開発アジェンダ」として知られる交渉である。その基本的な目的は、開発途上国の貿易の見通しを改善することである。作業は貿易に関係する20の領域に及ぶ。閣僚による話し合いが続いているがいまだに打開策がなく、交渉は現在も続いている。WTOはまた、世界貿易交渉の1986-1994年ウルグアイ・ラウンドで結ばれた協定の実施を引き続き監視している。これまで450件を超える貿易紛争がWTOの紛争解決機構に付託された。加盟国は159カ国である。管理機関は「閣僚会議」である。日常の業務は「一般理事会」が行う。2012年度予算は1億9600万スイスフランであった。職員の数はおよそ640人である。