• プリント

国際開発協会出典「国連の基礎知識」

International Development Association(IDA)

関連リンク

国際開発協会は、もっとも貧しい人々のための世界銀行の基金である。世界でももっとも大きな援助機関の1つで、加盟国は172カ国である。世界の81カ国の最貧国を対象に健康と教育、インフラ整備と農業、経済開発と組織開発のための支援を提供する。IDAの援助のおかげで、何億という人々が雇用創設、きれいな水の入手、食糧安全保障、学校、道路、電力を通してみじめな貧困から脱却することができた。IDAの財政的支援の5分の1は無償資金として提供され、残りは無利子の長期貸し付けの形で行われる。1960年の設立以来、IDAは合計2,555億ドルのコミットメントを行った。2012年度の貸付の50パーセント、すなわち148億ドルのうちの71億ドルがアフリカに対して行われた。これはIDAの貸し付け対象となる国々の半数がアフリカ大陸に位置しているからである。IDAはこれまで3年ごとに開発先進国と開発途上国の双方から、それに世界銀行グループの2つの機関、すなわち国際復興開発銀行と国際金融公社の2機関から増資を受けてきた。もっとも最近の増資では52カ国からおよそ493億ドルの拠出が行われた。