• プリント

世界観光機関出典「国連の基礎知識」

World Tourism Organization(UNWTO)

関連リンク

世界観光機関は、責任ある、持続可能な、普遍的に受け入れられる観光の発展を目指す先導的な国際機関である。1975年に設立され、2003年に国連の専門機関となった。観光政策を進めるためのグローバルなフォーラムであり、観光のノウハウを提供する実務的な機関でもある。161カ国の加盟国、準加盟国として7地域、それに2永久オブザーバー、それに地方自治体や教育機関、観光団体、民間セクターの企業など、400以上の賛助加盟員をもつ。観光を通して経済成長、雇用創出と開発を刺激し、国家間の平和と理解を促進する。また、「世界観光倫理規範」の実施を奨励する。これは、責任ある、持続可能な観光業を発展させるための基準とも云うべきものである。倫理規範は、2001年に国連総会が承認し、観光の社会経済的恩恵を最大にし、環境や文化遺産に対する観光のマイナス影響を最低限にとどめることを目的としている。

UNWTOの「総会」は加盟国、準加盟国、賛助加盟員で構成される最高機関で、予算と事業計画を承認する。また、観光に関する主要問題について審議する。「執行理事会」はその管理機関で、総会が選ぶ31カ国と常任理事国であるスペイン(本部のホスト国)の32カ国で構成される。2012-2013年、職員の数は110人で、予算は2,500万ユーロであった。