• プリント

国連教育科学文化機関出典「国連の基礎知識」

United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization(UNESCO)

関連リンク

ユネスコは異なる文明、文化、国民の間の対話をもたらす条件を創り出すために活動する。一般に共有する価値観を尊重することに基づき、持続可能な開発、平和の文化、人権の順守、貧困の削減を目指す。ユネスコの活動領域は教育、自然科学、社会・人文科学、文化、コミュニケーションおよび情報に及ぶ。とくに関心を持っていることは、すべての人が教育を受けられるようにし、国際および政府間の科学計画を通して自然科学と社会科学の研究を促進することである。また、文化的アイデンティティの表明を支援し、世界の自然遺産や文化遺産を保護し、情報の自由な流れと報道の自由を促進し、かつ開発途上国のコミュニケーション能力を強化することに努める。現在2つの優先課題がある。アフリカとジェンダーの平等である。

ユネスコには198の国内委員会があり、またおよそ3,800のユネスコ協会やユネスコ・センター、ユネスコ・クラブの支援を受ける。また、何百もの国際的な非政府組織やさまざまな財団や同様の機関と公的な協力関係を維持している。180カ国の9,000の教育機関のネットワークとも連携している。ユネスコの管理機関はユネスコ総会で、195の加盟国で構成される。執行理事会は、総会が選ぶ58カ国で構成され、総会が採択した事業計画の実施を監督する。ユネスコの職員の数は170カ国出身の2,000人を超え、そのうちの870人以上の人々が65の現地事務所や研究所、センターで働いている。それにはタイのバンコク、レバノンのベイルート、セネガルのダカール、チリのサンティアゴにある地域事務所も含まれる。2011-2013年度の承認予算は6億5300万ドルであった。