• プリント

国際電気通信連合出典「国連の基礎知識」

International Telecommunication Union(ITU)

関連リンク

国際電気通信連合は、政府や民間セクターのためにグローバルな電気通信ネットワークとサービスを調整する。また、無線周波数スペクトルや衛星軌道の管理にも責任を持つ。ITUは、情報とコミュニケーション技術が急速に発展したことを受けて、ネットワークと設備の安全かつ確実な相互運用性を達成するための最前線に立っている。開発途上国に電気通信網を展開させることを優先している。そのため、政策や規制の枠組みについて助言し、サイバーセキュリティ、ネットワークの設定と維持、自然災害のための早期警報と防災システムについて専門的な技術援助と訓練を行っている。1865年に「万国電信連合」として設立され、1932年に現在の名称となり、1947年に国連の専門機関となった。193の加盟国と700以上の連合員(科学・工業団体、公的運営体や民間業者、地域・国際機関)によって構成される。管理機関は「全権委員会議」で、ITUの上級職員やすべての地域を代表する46カ国「ITU理事会」の理事を選出する。ジュネーブに本部があり、職員の数はおよそ93カ国出身の740人である。2012-2013年度予算は3億2380万スイスフランであった。