• プリント

国際海事機関出典「国連の基礎知識」

International Maritime Organization(IMO)

関連リンク

国際海事機関は1959年に活動を開始した。国際貿易に従事する船舶の安全を高め、かつ船舶による海洋汚染を防止することを目的とする。IMOは、加盟国政府が国際海運に影響を及ぼす技術的事項に関する規則や慣行を作成するために協力し、最高水準の海上の安全と航行の効率を達成し、また船舶による海洋汚染を防止かつ管理することによって海洋環境を保全できるように支援する。これまで50以上の条約や協定、およそ1,000にのぼる規則や勧告が採択された。1983年、IMOはスウェーデンのマルメに「世界海事大学」を設立した。大学は上級レベルで海運に携わる行政官、教育者、その他に対して高等訓練コースを提供する。マルタのベレッタにある「IMO国際海事法研修所」は1989年に設立され、国際海事法に関する法律家を養成する。総会はIMOの管理機関で、170加盟国と3準加盟国で構成される。総会は、執行機関である40カ国構成の「理事会」を選出する。IMOの2013年度予算は、3,168万ポンドであった。職員の数はおよそ300人である。