• プリント

事務局出典「国連の基礎知識」

Secretariat

関連リンク

p_image_27_1

UN Photo/Yutaka Nagata

国連事務局は、世界各地の国連事務所で働くすべての国籍を代表する職員で構成され、多岐にわたる国連の日常業務を遂行する。世界の各地で働く職員の数はおよそ4万2900人で、国連の他の主要機関に役務を提供し、それらの機関が決定した計画や政策を実施する。その長となるのが事務総長で、安全保障理事会の勧告に基づいて総会が5年の任期で任命する。再選も可能である。

国連の本部はニューヨークにあるが、アディスアベバ、バンコク、ベイルート、ジュネーブ、ナイロビ、サンティアゴ・デ・チリ、ウィーンに主要な事務所があるほか、世界の各地にも国連の事務所がある。国連ジュネーブ事務所(UNOG)(www.unog.ch)は会議外交の中心で、軍縮と人権のフォーラムとなっている。国連ウィーン事務所(UNOV)(www.unvienna.org)は国際的な薬物乱用の取り締まり、犯罪防止と刑事司法、宇宙空間の平和利用、国際商取引法に関する活動の本部となっている。国連ナイロビ事務所(UNON)(www.unon.org)は環境と人間居住に関する活動の中心である。

事務局が行う任務は、国連自身が取り上げる問題や活動と同じように広範で多岐にわたる。それは平和維持活動の管理から国際紛争の調停、人道援助計画の組織から経済的社会的動向の調査、人権や持続可能な開発に関する調査、国際協定の土台作りにまで及ぶ。事務局職員はまた、国連活動についての情報を世界の報道機関、各国政府、非政府組織(NGO)、調査研究・学術ネットワーク、そして一般市民に提供する。世界的な重要性を持つ問題について国際会議を開催し、各国の代表が行う演説や会議文書を国連公用語へ通訳、翻訳する。また、情報交換の場を設け、科学技術のあらゆる領域における国際協力を可能にし、文化・経済・社会活動を推進する。

これらの職員および事務総長は、国際公務員として世界の国々のために働いているが、その活動についての責任は国連に対してのみ負うもので、他のいかなる国家もしくは機関に対して負うものではない。また、いかなる政府または国連以外のいかなる当局からも指示を求めかつ受けないと誓う。同様に、各加盟国は、国連憲章の下に、事務総長と職員の責任のもっぱら国際的な性格を尊重し、彼らを不適切に左右するようなことはしないことを約束する。