• プリント

国際連合:その憲章と機構出典「国連の基礎知識」

p_image_3

UN Photo/McCreary

平和への戦いには終わりはない。一世紀以上も前の1899年、危機を平和的に解決し、戦争を防止し、かつ戦争の規則を法典化する目的で最初の国際平和会議(International Peace Conference)がハーグで開かれた。会議は「国際紛争の平和的処理に関する条約」を採択し、常設仲裁裁判所を設置した。裁判所の作業が始まったのは1902年のことであった。続いて1919年、ベルサイユ条約のもとに「国際協力を促進し、平和安寧を完成する」目的で国際連盟(the League of Nations)が設立された。この機関は第1次大戦のさなかに構想されたものであった。国際連盟は第2次世界大戦の防止に失敗し、その活動を停止したものの、国際協力と対話を通して紛争を平和的に解決する必要は次第に高まっていった。

「国際連合(United Nations:連合国)」という名称は、第2次世界大戦中にアメリカのフランクリン・D・ルーズベルト大統領が考え出したものであった。その言葉が最初に使われたのは、26カ国政府の代表が第2次世界大戦の続く限り枢軸国に対して共に戦い続けると誓った1942年1月1日の「連合国宣言(Declaration by United Nations)」の中であった。中国、ソビエト連邦、イギリス、アメリカの代表が1944年にワシントンD.C.に集まって行った審議に続き、翌年の1945年、50カ国の代表が「国際機関に関する連合国会議(United Nations Conference on International Organization)に出席するためにサンフランシスコに会合した。会議では「戦争の惨害」を終わらせるとの強い公約とともに国連憲章(the Charter of theUnited Nations)が起草され、1945年6月26日に署名された。(ポーランドは会議に代表を送っていなかったが、その後に国連憲章に署名し、原加盟国51カ国の一つとなった。)

ニューヨークに本部を持つ国際連合は、中国、フランス、ソビエト連邦、イギリス、アメリカおよびその他の署名国の過半数が批准した1945年10月24日に正式に発足した。世界平和に対するこの歴史的な誓いを記念して、毎年10月24日を「国連デー(United Nations Day)」として祝う行事が各国で行われる。第2次世界大戦が引き起こした鋭い対立や多くの審議の対象となったその後の冷戦による世界の二分化にもかかわらず、国連はこの誓い、21世紀の始まりにあって世界とすべての人々が直面しているとてつもなく大きなグローバルな変革の中にあってより一層今日的な意義を持つようになったこの誓いに対して、今後もより以上に忠実であり続ける。