• プリント

国連公式文書システム(ODS)

一般情報

国連公式文書システム(ODS)は、国連文書の保存と検索のためのシステムです。これを使うと、高速ネットワークとインターネットを通して文書を検索したり、電話回線によって高速で文書を送信したりすることができます。このシステムは、世界の会議文書の伝達と保存の経済的で安全な方法を提供しますから、国連の各事務所、各国の国連常駐代表部とその他の適切な政府組織、国連システム内の各組織とその他の国際組織、マスコミ、図書館や大学など各種の機関、および一般の人々が、電子的な形でタイムリーにそれらの文書にアクセスすることができます。

電子的に保存され国連ネットワークとインターネットによりオンラインで利用できる会議文書と公式記録は、国連文献情報システム(UNBIS)の構造を使って説明とインデックス作成が行われています。これには総会とその下部組織、安全保障理事会とその下部組織、経済社会理事会とその下部組織、および信託統治理事会の会合、国連が主催する世界的な会議、そのほか総会が承認した会議カレンダー内のその他の会議に関する、会期前・会期中・会期後の文書が含まれています。これらの文書と公式記録は、国連の公式言語、すなわちアラビア語、中国語、英語、フランス語、ロシア語、スペイン語で保存されています。また、一部の文書についてはドイツ語でも利用できます。

文書はテキスト形式(ワードプロセッシングから作成)とPDF(テキストまたはスキャナー入力された画像から変換)で保存されています。文書の入力は、ネットに接続せずに行われることも、通信回線を使って行われることもあります。

テキスト形式とPDF形式で利用できるのは、1993年以降に国連本部および国連ジュネーブ事務所(UNOG)で発行された会議文書と公式記録、ならびに1997年以降に国連ウィーン事務所(UNOV)とアジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)で発行された文書です。また、1946年以降の総会、安全保障理事会、経済社会理事会、信託統治理事会の公式記録の形でのすべての決議と決定がすべての公式言語でこのシステムにローディングされています。

システムへのアクセス

必要なハードウェアとソフトウェア
インターネットのユーザーは、ワークステーションとして働く標準的なパソコンとUNICODE対応のウェブブラウザ(Microsoft Internet Explorerなど)を使ってODSにアクセスすることができます。文書はPDF形式で保存されています。文書の閲覧、印刷、ダウンロードには、自分のパソコンまたはサーバーにインストールされたAdobe Acrobat Readerが必要です。Acrobat ReaderはAdobeのウェブサイト(http://www.adobe.com/)から無料でダウンロードすることができます。

データベース

国連文書

範囲
このデータベースは、1993年以降にニューヨーク国連本部および国連ジュネーブ事務所で発行された決議と決定(一部それ以前のものを含む)、1997年以降に国連ウィーン事務所で発行された決議と決定、および1997年以降のアジア太平洋経済社会委員会の文書を含め、すべての国連会議文書の全文で構成されています。また、このデータベースには、会議文書のほか、現在有効なすべての国連事務局文書(ST/AI/-、ST/IC/-、ST/SGB/-)も含まれています。

1946年以降に国連総会、安全保障理事会、経済社会理事会、信託統治理事会によって採択された国連決議と決定の公式記録バージョンは、ODS内の「国連決議」データベース(後述)として別に保存されています。

形式
文書はMSワードやワードパーフェクトといったワープロソフトで作成されたテキスト形式、および/またはテキストもしくはスキャナー入力画像から変換されたPDF形式で保存されています。

言語
文書は、それぞれの文書を発行した機関や組織の公式言語で利用できます。

検索オプション
このデータベースは、以下の要素およびその組み合わせによって検索することができます。

  • 文書記号
  • 発行日または公表日
  • タイトル内の語
  • テーマ
  • 議事項目番号
  • 会期
  • ジョブ番号
  • 全文

1946年以降の国連決議

範囲
決議データベースは、1946年以降に総会、安全保障理事会、経済社会理事会、信託統治理事会によって採択されたすべての決議と決定の最終公式記録バージョンを含んでいます。1993年以降のものについては、公式記録バージョンが利用できるようになる前の個別の決議・決定集が「国連ドキュメンテーション」データベースに収載されています。

形式
決議はスキャナー入力画像から変換されたPDF形式で保存されています。

言語
決議は国連の6つの公式言語、すなわちアラビア語、中国語、英語、フランス語、ロシア語、スペイン語で利用できます。
ただし、アラビア語で保存されているのは以下の決議です。
 総会 - 1953年以降
 安全保障理事会と経済社会理事会 - 1983年以降
 信託統治理事会 - なし

検索オプション
このデータベースは、以下の要素およびその組み合わせによって検索することができます。

  • 文書記号
  • 発行日
  • タイトル内の語
  • テーマ
  • ジョブ番号

デイリー・ジャーナル
毎日発表される「ニューヨーク・ジャーナル」、「ジュネーブ・ブリティン」、または「ウィーン・ジャーナル」を検索するには、それぞれの国連サイトを選んでください。「ウィーン・ジャーナル」はウィーンで開かれる特別セッションと会議に関してのみ発行されることにご注意ください。これらの刊行物により、国連事務所で行われている会議と主な行事について知ることができます。

検索オプション
このデータベースは、以下の要素およびその組み合わせによって検索することができます。

  • 文書記号
  • 発行日または公表日
  • タイトル内の語
  • ジョブ番号
  • 全文

形式
「ニューヨーク・ジャーナル」、「ジュネーブ・ブリティン」、「ウィーン・ジャーナル」は、ワープロソフト(ワードまたはワードパーフェクト)で作成されたテキスト形式で保存され、表示のためにPDF形式に変換されています。

言語
「ニューヨーク・ジャーナル」、「ジュネーブ・ブリティン」、「ウィーン・ジャーナル」は英語とフランス語で作成されています。ただし、総会会期中の「ニューヨーク・ジャーナル」は6つの公式言語すべてで作成されます。

文書のリスト
ニューヨーク、ジュネーブ、ウィーンのその日の文書リストを検索するには、それぞれの国連サイトを選んでください。この文書リストには、それぞれの場所で公表された文書のタイトルと文書記号が含まれています。このリストは英語とフランス語で作成され、ニューヨークとジュネーブでは毎日、ウィーンでは一定期間ごとに発行されています。

検索オプション
このデータベースは、以下の要素およびその組み合わせによって検索することができます。

  • 文書記号
  • 発行日または公表日
  • タイトル内の語
  • ジョブ番号
  • 全文

形式
ワープロソフト(ワードまたはワードパーフェクト)で作成されたテキスト形式で保存され、表示のためにPDF形式に変換されています。

職員募集情報

範囲
国連内外のポストの欠員状況を知らせるデータベースです。欠員になっているすべてのポストがリストされています。

このデータベースの「Date from」と「Date to」の欄は、告示の期間を示しています。

形式
空席情報はPDF形式で保存および表示されています。

言語
スタッフ欠員情報は英語とフランス語で見ることができます。

検索オプション

検索に関する一般情報

検索ページ
ODSには2つの検索形式が設けられています。

  • 単純な検索ページ
  • 高度な検索ページ

単純な検索ページでは、省略のオプション付き(右省略のみ)の文書記号および出版日による国連文書データベースの検索、ならびにアラビア語、中国語、英語、フランス語、ロシア語またはスペイン語での全文検索ができます。ただし、アラビア語、中国語、ロシア語、スペイン語での全文検索は、2001年1月1日以降に発表された文書についてのみ可能です。

高度な検索ページでは、利用できるすべてのデータベースの中から検索対象のデータベースを選ぶことができ、また、すべての可能な検索基準、すなわち文書記号(省略のタイプを選ぶことが可能)、発行日または公表日、ジョブ番号、タイトル内の語、テーマ、会期、議事項目番号を用いることができます。さらに、アラビア語、中国語、英語、フランス語、ロシア語、またはスペイン語での全文検索もできます。ただし、アラビア語、中国語、ロシア語、スペイン語での全文検索は2001年1月1日以降に発表された文書についてのみ可能です。一度に検索できるデータベースは1つに限られます。また、すべての検索オプションがそれぞれのデータベースに関して利用できるわけではないことにご注意ください(「データベース」の節をご覧ください)。

それぞれの検索ページの一番上にあるボタンをクリックすることによって、この2つの検索ページを切り替えることができます。

1回の検索で2つ以上の欄または検索ボックスが用いられる場合、そのすべての検索基準を満たす文書が検索結果として表示されます。検索基準については後の節で説明します。

検索結果
検索が成功すると文書のリストが表示されます。「検索結果:文書0件」と表示された場合には、検索ページに入力した情報をご確認ください。必要に応じ、このヘルプの中の関連する項目を調べて、検索の方法を修正してください。

実行された検索の修正
いったん実行した検索基準を修正するには、利用した検索書式が出てくるまでブラウザの「戻る」ボタンをクリックしてください。検索基準を修正した後に「検索」ボタンをクリックすれば、再び検索が開始されます。

文書記号による検索
文書記号は、1つの文書に1つずつ付けられた識別子です。国連文書は、それぞれの要素が斜線(/)で区切られた文字と数字の組み合わせによる文書記号で識別されます。文書記号による検索は、最も正確な検索オプションであり、改訂、追加、訂正を含め、特定の1文書を検索することができます。

A/52/100 - 第52回総会の文書
S/1997/100 - 1997年に発行された安全保障理事会の文書
E/1997/100 - 1997年の会期で発行された経済社会理事会の文書
ST/AI/405 - 事務局によって発行された業務指令
E/CN.4/1997/1 - 経済社会理事会の下部組織である人権委員会の文書
E/CN.4/Sub.2/1997/1 - 人権委員会の差別防止・マイノリティ保護に関する小委員会の文書

注:文書記号による検索の場合、ピリオド等の記号は無視されます。たとえば、文書E/CN.4/1996/1/Add.1を検索するには、斜線を除いてECN419961ADD1と入力してもかまいません。

国連文書記号の詳しい情報については、国連文書:リサーチガイド
http://www.un.org/Depts/dhl/resguide)をご覧ください。

United Nations Info Quest(UN-I-QUE)http://lib-unique.un.org/lib/unique.unf)は、ダグ・ハマーショルド図書館によって作成・維持されている参照用データベースです。UN-I-QUEには、しばしば検索される国連文書の数千件の文書記号がリストされているため、これを利用することによってODSでの特定の文書の検索が容易になります。

UN-I-QUEおよび国連文書リサーチガイドへのリンクは、「役立つリンク」のページに提供されています。このページにアクセスするには、2つの検索ページのどちらからでも「役立つリンク」ボタンをクリックしてください。

一部のタイプの国連文書には完全な文書記号が付けられていません。しかし、次のような形でそれらを検索することができます。

  • ニューヨークの日刊文書リスト:DL/年/###
    たとえば、DL/1997/1
  • ジュネーブの日刊文書リスト:DL/GV/年/###
    たとえば、DL/GV/1997/1
  • ウィーンの日刊文書リスト:DL/VN/年/###
    たとえば、DL/VN/1997/001
    注:ウィーンのリストの連続番号は3桁で入力する必要があります。
  • 国連ジャーナル:JOURNAL NO.年/###
    たとえば、JOURNAL NO.1997/1
  • ジュネーブ・ニュース:BULLETIN NO.###
    たとえば、BULLETIN NO.6829

安全保障理事会公式記録の四半期ごとの追加文書は、以下の形で検索することができます。
OR/SC/年/四半期(ローマ数字)
たとえば、OR/SC/1993/Ⅲ

決議と決定
1946年以降に総会、安全保障理事会、経済社会理事会、信託統治理事会によって採択された個々の決議の公式記録は、「国連決議」データベースに保存されています。公式記録バージョンが公表される前の個別の決議は、「国連ドキュメンテーション」データベースに収載されています

1946年以降の総会および経済社会理事会の決定、および1993年以降の経済社会理事会の決議は、会期ごと、または年度ごとにまとめた情報を通してアクセスすることができます。他の国連組織(たとえば国連開発計画の執行委員会や人権委員会など)の決議と決定は、それぞれの組織の年度別または会期別の報告書および/または決議・決定集を通してのみアクセスできます。こうした決議・決定集や報告書の文書記号の一覧は、United Nations Info Quest(UN-I-QUE)で見ることができます。国連の決議・決定やそれらの発行の方法について詳しい情報をお求めの方は、国連文書:リサーチガイドをご覧ください。

文書記号によって「国連決議」データベース内の個別の決議を検索する場合には、以下の例に従ってください。

総会
A/RES/####(ローマ数字で表された会期。通常総会はⅠから???まで、特別総会はS-ⅠからS-?まで、緊急特別総会はES-ⅠからES-Ⅴまで)。たとえば、
A/RES/3450(???)
A/RES/3362(S-?)
A/RES/2256(ES-Ⅴ)
A/RES/第36回通常総会以降、第8回特別総会以降、および第6回臨時特別総会以降の会期/###。たとえば、
A/RES/47/120
A/RES/S-18/3
A/RES/ES-9/1

安全保障理事会
S/RES/###(年)。たとえば、
S/RES/598(1987)

経済社会理事会
E/RES/####(ローマ数字で表された会期。ⅠからL?Ⅲまで)。たとえば、
E/RES/1296(?LⅣ)
E/RES/年(1978年以降)/###。たとえば、
E/RES/1991/50

信託統治理事会
T/RES/###(ローマ数字で表された会期。通常会期はⅠからLⅣまで、特別会期はS-ⅠからS-??まで)。たとえば
T/RES/2158(LⅣ)
T/RES/2187(S-??)

右側の記号が省略されたものとして扱われるようにデフォルトで設定されているため、完全な決議文書記号を知らなくても検索することができます。たとえば、S/RES/598と入力すると、検索結果としてS/RES/598(1987)が得られます。同様に、E/RES/1296と入力すると、検索結果としてE/RES/1296(?LⅣ)が得られます。

特定の決議を検索するためには、省略を「なし」と設定することが必要です。たとえば、A/RES/48/1だけを探しており、A/RES/48/10から19や100から199が表示されないようにしたい場合には、省略の設定を「なし」に変えてください。

国連決議データベースの中で決定集(decision compilations)を検索したい場合には、以下の例に従ってください。

総会
A/DEC/(ローマ数字で表された会期。通常総会は?から???まで、特別総会はS-ⅤからS-?まで)。たとえば、
A/DEC/(???)
A/DEC/(S-?)
A/DEC/(アラビア数字で表された会期。通常総会は第31回以降、特別総会はS-8以降、緊急特別総会はES-6以降)。たとえば、
A/DEC/47
A/DEC/S-18
A/DEC/ES-9

安全保障理事会
ご利用になれません。

経済社会理事会
E/DEC/(ローマ数字で表された会期。?からL?Ⅲまで)。たとえば、
E/DEC/(L?Ⅱ)

E/DEC/年(1978年以降)。たとえば、
E/DEC/1991

信託統治理事会
包括的なものはご利用になれません。

文書記号一覧
この「一覧」は、検索の際に選ぶことができる文書(現在は200文書が上限)を文書記号の順に表示します。

まず、検索ページの「文書記号による検索」のボックスに文書記号の初めの部分を入力します。ピリオド等の記号も正確に入力してください。

:E/CN.17/2001

検索ボックスの隣の「一覧」ボタンをクリックしてください。これによって、200の文書記号をアルファベット順にリストアップする新しいウィンドウが開かれます。この場合、リストの先頭はE/CN.17/2001/1です。

この一覧表をスクロールダウンして、検索に使いたい文書記号を探してください。前の200の記号を見るには「前へ」を、次の200の記号を見るには「次へ」をクリックします。探している記号を見つけたらそれをクリックし、ウィンドウの一番下にある「選択」ボタンをクリックしてください。すると、検索ページの「文書記号による検索」ボックスにその文書記号が入力されます。最後に「検索」ボタンをクリックすると検索が開始します。

「一覧」ウィンドウに表示されたリストから文書記号を選択せずに検索ページに戻るには、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

記号の省略
記号省略の設定によって、省略された形(不完全な形)の国連文書記号を使ってデータベースを検索することができます(デフォルトで右省略が設定されています)。このオプションは次の通りです。

右省略:入力された記号の右側が省略されているものとして検索が実行されます。たとえば、「A/52/101」と入力して検索すると、A/52/101、A/52/101/Rev.1、A/52/101/Rev.1/Add.1、およびA/52/1011からA/52/1019が表示されます。

左省略:入力された記号の左側が省略されているものとして検索が実行されます。たとえば、52/33と入力して検索すると、A/52/33、A/C.5/52/33、A/RES/52/33、DL/1995/233、S/1995/233、S/25233などが表示されます。

左右省略:入力された記号の両側が省略されているものとして検索が実行されます。たとえば、52/101と入力して検索すると、A/52/101、A/52/101/REV.1、A/52/101Rev.1/Add.1、およびA/52/1010からA/52/1019が表示されます。

なし:入力した記号に正確に一致する1つの文書のみが表示されます。

発行日または公表日による検索
発行日(publication date)とは、文書の原稿が完成し、処理、すなわち編集、翻訳、ワードプロセッシング、印刷に回される日です。この日付は、文書の一番上(マストヘッド)、通常は文書記号の下に記されます。公表日(release date)とは、文書が実際に公衆に向けて発信された日です。

Date From:日付の範囲が始まる日をDD/MM/YYYYの形で入力してください。

Date To:日付の範囲が終わる日をDD/MM/YYYYの形で入力してください。

注:年を表すフィールドは4桁です。たとえば、1996と入力してください。2桁の数字が入力された場合、46から99は1946から1999、00から45は2000から2045とみなされます。

テーマによる検索

文書および決議はUNBISシソーラスを用いてインデックスが付けられています。テーマによる検索には、UNBISシソーラスに含まれる語、すなわちトピックを表す語と地名のみが使えます。複数の語を入力することができますが、それぞれの間にアンドマーク(&)を入れなければなりません。入力されたテーマ名のすべてをもつ文書が検索されます。テーマ名は、environmental protection(環境保護)といったようにフレーズになっていることもあります。


コスタリカの環境保護に関する文書を探すには、テーマ欄にenvironmental protection & Costa Ricaと入力します。

テーマ一覧
この「一覧」は、検索の際に選ぶことができるテーマ名(現在は40語が上限)をアルファベット順に表示します。

まず、検索ページの「テーマによる検索」のボックスにテーマ名の初めの部分を入力します。

:environment

「テーマによる検索」ボックスの隣の「一覧」ボタンをクリックしてください。これによって、「environment」を先頭に40のテーマ名をアルファベット順にリストアップする新しいウィンドウが開かれます。それぞれのテーマ名の隣にある括弧内の数字は、このテーマでデータベース内に含まれている文書の数を示します。

この一覧表をスクロールダウンして、検索に使いたいテーマ名を探してください。前の200のテーマを見るには「前へ」を、次の200のテーマを見るには「次へ」をクリックします。探しているテーマを見つけたらそれをクリックし、「一覧」ウィンドウの一番下にある「選択」ボタンをクリックしてください。すると、検索ページの「テーマによる検索」ボックスにそのテーマが入力されます。

「一覧」ウィンドウに表示されたリストからテーマを選択せずに検索ページに戻るには、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

タイトル内の語による検索
この検索オプションでは、1つまたは複数の語を入力することができ、入力されたすべての語をタイトル内に含む文書が選択されます。検索されるのは、入力された語と正確に一致する語をタイトルに含む文書です。たとえば、「system」という語で検索すると、「systems」という語をタイトルに含む文書は表示されません。大文字で入力しても小文字で入力しても同じです。ここで検索されるタイトルは文書の最初のページに記されているものだけであることに注意してください。他の文書を通して送付された文書や他の文書に添付された文書のタイトルは、この検索オプションで検索することができません。そのようなタイトルの文書を探すには全文検索オプションを使う必要があります。また、最近発行された文書には縮約されたタイトルが付けられている場合が多いことにご注意ください。


スーダンによって提出された書状を探すには、タイトルの欄にletter Sudanと入力してください。語の順序は関係ありません。

中東の非核兵器地帯に関する事務総長の報告書を探すには、タイトルの欄にnuclear-weapon-free middle east secretary-generalと入力してください。

議事項目番号による検索

国連のほとんどの機関や組織によって開催される会議の基本的な背景情報文書はアジェンダといわれ、特定の会期中に話し合われる連続番号をつけたトピック(議事項目)ごとにまとめられています。1つの会期の文書は、1つまたは複数の議事項目に従って提出されています。ただし、安全保障理事会は1回の会合で1つのトピックのみについて話し合いますから、同理事会の文書は議事項目に従って発行されるという形を取っていません。また、同じトピックが異なる会期において異なる議事項目番号の下で話し合われることもあります。たとえば、国連改革は、第52回総会では議事項目番号157として話し合われていますが、第53回総会では同じトピックに議事項目番号30が割り振られています。議事項目番号は、さらに細かく分けられていることもあります。たとえば、包括的・完全軍縮を扱う第53回総会の議題項目番号71は、(a)から(t)までに細分されています。スペースで区切ることにより、複数の議事項目番号を入力することもできます。その場合、議事項目の欄に示された値をすべて含んでいる文書が検索されます。意味のある検索結果を得るため、議事項目による検索は、国連組織のシリーズ記号やその組織が会合を開いた会期または年度など、他の検索基準と組み合わせて利用するようお勧めします。


議事項目157(国連改革)の下で第52回総会に提出された文書を検索するには、記号の欄にA、会期の欄に52、議事項目の欄に157と入力します。

会期による検索
ほとんどの国連組織は定期的に会合を開いています。会期は、文書に記された連続番号、または年度と連続番号、またはその会期の各部の呼称で示されます。たとえば、第52回、1998年第1通常会期、1998年実質討議会期などの形で表されます。スペースで区切ることにより、複数の会期番号を入力することができます。その場合、会期の欄に示された値をすべて含んでいる文書が検索されます。また、会期番号は、省略の記号(*)を使って入力することができます(たとえば1999*)。これは、その組織が年内に複数回の会期を持っているときに役に立ちます。意味のある検索結果を得るため、会期による検索は、その文書が提出された国連組織のシリーズ記号など、他の検索基準と組み合わせて利用するようお勧めします。


第51回総会に提出された子どもの権利に関する文書を探すには、記号の欄にA、会期の欄に51、テーマの欄にrights of the child(子どもの権利)と入力してください。安全保障理事会第52年度(1997年)にアフガニスタンに関して同理事会に提出された文書を探すには、記号の欄にS、会期の欄に52、テーマの欄にAfghanistanと入力してください。

このデータベースで用いられている会期の呼称は以下のとおりです。会期の呼称は、複数の国連組織に適用されている場合があることにご注意ください。

53 通常会期:総会、安全保障理事会、および経済社会理事会の一部の下部組織(人権委員会など)に適用されています。
19SP  特別会期:総会、および経済社会理事会の一部の下部組織(人権委員会など)に適用されています。
10EMSP 緊急特別会期:総会のみに適用されています。
1999-O (1999年の)組織上の問題を討議する会期。経済社会理事会およびその下部組織の一部に適用されています。
1999-S (1999年の)実質討議会期。経済社会理事会のみに適用されています。
1999-1 (1999年の)第1通常会期。たとえばUNDPの執行委員会に適用されています。
1999-2 (1999年の)第2通常会期。たとえばUNDPの執行委員会に適用されています。
1999-A (1999年の)年次会期。たとえばUNDPの執行委員会に適用されています。
1999-3 (1999年の)第3通常会期。たとえばUNDPの執行委員会に適用されています。


ジョブ番号による検索

このシステムではジョブ番号による検索ができます。ジョブ番号は各文書に1つずつ与えられていますから、この検索オプションを用いると検索結果として1つの文書のみが得られます。

:NO102356。この場合、NO1023*と入力して検索すると、この文字列で始まるジョブ番号をもつすべての文書のリストが表示されます。

全文検索
全文検索は、単純検索ページでも高度検索ページでも行うことができます。前もって設定された検索タイプを使うことも、(ブーリアン)演算子で検索の仕方を指定することもでき、アラビア語、中国語、英語、フランス語、ロシア語、スペイン語で実行することができます。ただし、アラビア語、中国語、ロシア語、およびスペイン語での全文検索は、2001年1月1日以降に発表された文書についてのみ可能です。また、現在のところ、画像フォーマットで保存されている文書は、全文検索で探し出すことができません。

検索の言語
全文検索はアラビア語、中国語、英語、フランス語、ロシア語、またはスペイン語で行うことができます。ドロップダウン・メニューの中から、自分が使いたい言語を選んでください。

画面の言語
画面の言語は、6つの国連公式言語のいずれに変えることもできます。画面の言語を変更すると、検索の言語も変更されることになります。

全文検索のタイプ
ODSでは、ほとんどのユーザーの全文検索ニーズを満たすと思われる3つの便利な検索タイプが前もって設定されています。「このフレーズを探す」、「すべての語を探す」、「いずれかの語を探す」です。また、(ブーリアン)演算子を用いて検索語の表現を組み立てることにより、もっと複雑な検索を行うこともできます。全文検索のタイプは、当該のドロップダウン・メニューの中から選ぶことができます。以下の説明をお読みになり、例を注意深くご検討ください。

すべての語を探す
この検索タイプでは、全文検索ボックスに指定されたすべての語を含む文書が検索されます。単数と複数など、入力された語の変化形を含む文書も対象となります。入力された語に正確に一致するものを検索するには、検索語を引用符(“ ”)で囲む必要があります。また、正確な検索結果を得るため、ハイフンでつながれた語はそのとおりにハイフンを使って入力してください。ワイルドカード(?)や省略(*)の記号も使うことができます(後述)。


Chernobyl、health、およびUkraineという語を含む文書を探すときには、全文検索ボックスに“Chernobyl health Ukraine”と入力し、「全文検索のタイプ」のドロップダウン・メニューから「すべての語を探す」を選びます。

reimburse(弁済)という語を含む文書を探しており、reimburses、reimbursed、reimbursementなどの語を含む文書は検索したくない場合には、全文検索ボックスに“reimburse”と入力し、「全文検索のタイプ」のドロップダウン・メニューの中から「すべての語を探す」を選びます。

troop-contributing(部隊の派遣)という語を含む文書を探すときには、全文検索ボックスに“troop-contributing”と入力し、「全文検索のタイプ」のドロップダウン・メニューの中から「すべての語を探す」を選びます。

いずれかの語を探す
この検索タイプでは、全文検索ボックスに指定された語の1つまたは複数、あるいはすべてを含むすべての文書が検索されます。単数と複数など、入力された語の変化形を含む文書も対象となります。入力された語に正確に一致するものを検索するには、検索語を引用符(“ ”)で囲む必要があります。また、正確な検索結果を得るため、ハイフンでつながれた語はそのとおりにハイフンを使って入力してください。ワイルドカード(?)や省略(*)の記号も使うことができます(後述)。


oilという語またはpetroleumという語を含む文書を探すときには、全文検索ボックスに“oil petroleum”と入力し、「全文検索のタイプ」のドロップダウン・メニューの中から「いずれかの語を探す」を選びます。

このフレーズを探す
複数の語が並んだフレーズを探します。この検索タイプでは、全文検索ボックスに入力されたフレーズに正確に一致するフレーズを含むすべての文書が検索されます。正確な検索結果を得るため、ハイフンでつながれた語はそのとおりにハイフンを使って入力してください。


reimbursement of troop-contributing State(部隊を派遣している国への弁済)について言及する文書を探すときには、全文検索ボックスに“reimbursement of troop-contributing states”と入力し、「全文検索のタイプ」のドロップダウン・メニューの中から「このフレーズを探す」を選びます。

ブーリアン演算子
前もって設定された上述のタイプを組み合わせて複雑な検索をする場合には、この検索タイプが必要になります。

現在、ODSでは、ブーリアン演算子、すなわちANDとORを使ってユーザーが自分で検索のしかたを組み立てることができます。

ANDは「すべての語を探す」と同じ働きをし、ORは「いずれかの語を探す」と同じ働きをします。

また、このシステムでは、検索のしかたを組み立てるために括弧を使うことができます。

正確に一致することが必要なすべての語、ならびにすべてのフレーズは、引用符(“ ”)で囲んでください。

また、正確な検索結果を得るため、ハイフンでつながれた語はそのとおりにハイフンを使って入力してください。

ワイルドカード(?)や省略(*)の記号も使うことができます(後述)。


oilという語またはpetroleumという語を含むか、あるいはその両方を含み、イラクについて言及している文書を探すには、全文検索ボックスに次のように入力します。

(oil OR petroleum) AND iraq

続いて、「全文検索のタイプ」のドロップダウン・メニューの中から「ブーリアン演算子を使う」を選びます。

この検索タイプの場合、括弧を使うと一定順序の2段階に分けて検索を行うよう指定することになります。この例の場合、まず、oilまたはpetroleumという語、あるいはその両方を含むすべての文書が検索されます。続いて、その中から「イラク」という語を含むものが探し出されます。

Office of Internal Oversight Services(内部監査部)という名称、またはその略称であるOIOSという語を含む文書を探すときには、全文検索ボックスに次のように入力します。

“office of internal oversight services” OR oios

それから、「全文検索のタイプ」のドロップダウン・メニューの中から「ブーリアン演算子を使う」を選びます。

もっと複雑な検索をする場合には、たとえば次のような形になります。

原油の販売によってイラクが得ている収入に関する文書を探すとき:

(oil OR petroleum) AND (revenue OR income) AND sale AND iraq

ワイルドカードと省略
ワイルドカード(?)と省略(*)の記号は、いろいろなスペルがある語、不規則な複数形、語の一般的な変化形などを検索する必要があるとき、どこででも使うことができます。どちらもすべての検索タイプに有効です。

ワイルドカードの記号(?)は、一単語中の1文字に置き換えるために使います。

省略の記号(*)は、語の始めまたは終わりの一連の文字列に置き変えるために使います。


Ruud Lubbersという名前に言及する文書を探しており、その名前の正確なつづりがわからないとき:

全文検索ボックスに“ru?d lub?ers”と入力し、「全文検索のタイプ」のドロップダウン・メニューの中から「このフレーズを探す」を選びます。

Mary Robinsonという名前に言及する文書を探しており、そのファーストネームとラストネームの末尾の正確なつづりがわからないとき:

全文検索ボックスに“mar* robins*”と入力し、「全文検索のタイプ」のドロップダウン・メニューの中から「このフレーズを探す」を選びます。

ミレニアム・サミットの結果の実行、またはそのフォローアップに関する文書を探すときには、全文検索ボックスに以下のように入力します。

“mil?en?ium summit” AND outcome AND (follow-up or implement*)

それから、「全文検索のタイプ」のドロップダウン・メニューの中から「ブーリアン演算子を使う」を選びます。

検索結果の表示順
ODSでは、検索結果を以下の3つの順序で並べることができます。

  • 発行順。最新の文書を先頭にする。
  • 文書記号順。デジタルソート順にする。
  • 関連度順。関連性の最も高い文書を先頭にする。

「表示順序」のドロップダウン・メニューの中から選ぶだけで、上のいずれかを指定することができます。

1ページ当たりXXX件の検索結果を表示
1ページに表示される検索結果数のデフォルト値は20に設定されています。高度な検索ページを使う場合、ユーザーはこの数値を1から999までの範囲で変更することができます。この値が大きくなれば、システムが検索を処理するのに要する時間が長くなることにご注意ください。

最大検索数:XXX
1回の検索で得られる文書数を制限することができます。このように設定すると、検索された文書の最初のXXX件だけが表示されます。デフォルト値がゼロである場合、検索文書数には上限がなく、検索されたすべての文書が表示されます。

表示、印刷、ダウンロード
このシステムでは、どのようなタイプの検索を実行しても必ず以下のものが表示されます。

  • 見つかった文書数
  • 「前へ」または「次へ」をクリックすることでアクセスできる、連続するページの文書のリスト(見つかった文書の数によって異なる)
  • 表示される文書の範囲
  • ユーザーが新たな検索を行うためのリンク
  • ウェブサイトからログアウトするためのリンク

文書がリストされるときには、発行日が表示されます。また、文書を見るためのハイパーテキスト・リンクとなっている文書記号、ならびに利用できる言語と文書のタイトルが表示されます。

ハイパーテキスト・リンクをクリックすると、以下の情報を含む別の画面が出ます。

文書タイトル
発行日
文書記号
会期/年
議事項目番号
テーマ
その文書で利用できる言語
ジョブ番号とそれぞれの関連する言語
公表日

文書の表示と印刷
表示/印刷:「PDFファイルの表示」の隣にある言語名の中から使いたい言語を選んでクリックすると、その言語で書かれたPDF形式の文書が検索され、表示されます。それぞれの文書が1つのPDFファイルとして表示されます。

元のワードプロセッシング形式での文書のダウンロード
ダウンロード:これによって、元のワードプロセッシング形式の文書をダウンロードすることができます。「ファイルをダウンロードする」のあとに言語名をクリックしてください。自分のコンピュータのハードディスクにファイルを保存したいときには、マウスの右ボタンをクリックします。Netscapeを利用している場合には「リンクの保存」オプションを選んでください。Microsoft Internet Explorerを利用している場合には「ターゲットの保存」を選んでください。すると、OSによってダイアログボックスが表示されますから、保存するディレクトリを選択し、ファイルに名前をつけてください。

役立つリンクのページ
国連文書システムでは、「有益なリンク」のページから以下にリンクすることができます。

  • ニューヨークの国連文書システムのサイトhttp://www.ods.un.org
  • ジュネーブの国連文書システムのサイトhttp://www.undocs.unog.ch
  • 国連文書:リサーチガイド
    ダグ・ハマーショルド図書館が作成しているこのオンライン国連文書ガイド(http://www.un.org/Depts/dhl/resguide/)では、国連によって発行された文書や出版物(報告書、決議、会議記録、販売用出版物、プレスリリースなど)の概要とその利用方法が説明されています。
  • UNBISnet
    UNBISnet(http://unbisnet.un.org/)は、ダグ・ハマーショルド図書館のオンライン目録です。ユーザーは、すべての国連文書、専門機関の資料の一部、この図書館が所有する書籍や雑誌の記録を含む文献情報データベースを検索できるのに加えて、それぞれ投票記録と演説記録をまとめた専門のデータベースも検索することができます。
  • United Nations Info Quest(UN-I-QUE)
    ダグ・ハマーショルド図書館のUN-I-QUEデータベース(http://lib-unique.un.org/lib/unique.nsf)は、ODSの特定の文書を探す際に国連文書記号を調べる手段として使うことができます。
  • ジュネーブの以下のウェブサイトへのリンク
    1.会議日報
    2.プレスリリース
    3.行事カレンダー
    4.各国の常駐代表部のリスト
    5.NGOデータベース
  • PDF読み取りソフトウェアをダウンロードするためのAdobe Acrobatボタン