• プリント

国連と「きかんしゃトーマスとなかまたち」

(c)2019 Gullane (Thomas) Limited.

日本でも御馴染みのTVアニメ「きかんしゃトーマスとなかまたち」の新シリーズ(2019年4月、NHK Eテレで放送開始)では、国連とマテル社(米国)の共同企画のもと、持続可能な開発目標(SDGs)を紹介しています!このシリーズ26話中9話で、17の「持続可能な開発目標(SDGs)」のうち5つの目標が取り上げられ(目標4「質の高い教育をみんなに」、目標5「ジェンダー平等を実現しよう」、目標11「住み続けられるまちづくりを」、目標12「つくる責任 つかう責任」、目標15「陸の豊かさも守ろう」)、これらの目標を説明したショートビデオが制作されています。また、この5つの目標に加えて、マテル社が特に賛同している目標6の「安全な水とトイレを世界中に」も、番組とは別にショートビデオが制作されています。

国連広報センターでは、ティーザービデオを含む7本のビデオの日本語吹き替え版を制作しました。ぜひご覧ください。
詳しくは(プレス・リリース):出発進行!「きかんしゃトーマスとなかまたち」- SDGs啓発ビデオ日本語吹き替え版を公開