• プリント

安全保障理事会

討議文書

国連ジャーナル

国連諸機関の会合に関する最新情報は、国連ジャーナル(Journal of the United Nation)から入手できます。この資料は主として2つの目的で作成されていますが、まだ十分に利用されているとはいえないのが現状です。

  1. 所定の日に予定されている総会、安全保障理事会、経済社会理事会およびその他機関の会合について知らせるとともに、これら会合で検討される重要な文書の記号も明示しています。該当する文書が正式に発表されていない場合でも、文書記号は明示されます。
  2. 前日の会合の結果を取りまとめ、国連文書シリーズの記号体系を基本的に理解している方々が、議事録や決議が正式発表される前に、その文書記号を予測できるようにしています。

安全保障理事会-はじめに

安全保障理事会は、国際の平和と安全の維持を主たる責務としています。理事国は15カ国で、その内訳は拒否権を有する常任理事国が5カ国(中国、フランス、ロシア連邦、英国、米国)、非常任理事国が10カ国です。毎年、非常任理事国のうちの5カ国が総会により、任期2年で選出されます。

安全保障理事会に会期はなく、必要に応じていつでも会合を開くことができます。安全保障理事会暫定手続き規則(Provisional Rules of Procedure of the Security Council)は文書S/96/Rev.7(販売番号83.I.4)に掲載されています。安全保障理事会の活動に関する背景資料は、安全保障理事会実務一覧(Repertoire of the Practice of the Security Council)および国連機関実務一覧(Repertory of Practice of United Nations Organ)で閲覧できます。

安全保障理事会文書の基本的な文書記号はS/[年]/[続き番号]です(例:S/1998/318)。1946年から1993年まではS/[続き番号]の文書記号が用いられていました(例:S/24111)

年次報告書

安全保障理事会が総会に提出する活動年次報告書には、各会期について続き番号「2」が割り振られ(例:A/58/2)、総会公式記録の追録(Supplement)第2号として発表されます。年次報告書は、安全保障理事会が検討した問題と付託された検討事項、および、報告対象期間における安保理補助機関の活動をまとめたものです。報告書は、1年間に採択された決議と議長声明を掲載するだけでなく、報告書の付属では安保理の構成、信任された各国の代表、対象期間中の安保理議長、および、安保理とその補助機関が開いた会合に関する情報が提供されています。

議題

安全保障理事会では、会合ごとに個別の議題が用意されます。議題の文書記号はS/Agenda/[会合番号]です(例:S/Agenda/4830は安全保障理事会第4830回会合の暫定議題を掲載)。議題にはまた、当該会合で審議予定の主要文書のリストも提示されています(例:事務総長報告書/書簡)

事務総長報告書

事務総長は安全保障理事会に対し、決議によって求められた問題に関する報告書を提出します。1964年以降について、これら報告書の文書記号は安全保障理事会議事インデックス(Index to Proceedings of the Security Council)で調べることができます。本年についてはインデックスが未発表ですが、これら報告書についてはUNBISnetあるいはUN-I-QUEでチェックすることができます。最近の報告書の全文は国連文書センターおよびUNBISnetで閲覧できます。登録ユーザーの方々は国連公式文書システム(ODS)にもアクセスできます。

会合記録

はじめに

会合での発言、演説および行動は逐語的な議事報告書(文書記号には接尾語「/PV」が付く)あるいは要約の記録(文書記号には接尾語「/SR」が付く)として保存されます。議事報告書(すなわちPV)は会合での発言全体を一人称としてそのまま掲載するのに対し、要約記録(すなわちSR)は会議での発言を第三者が取りまとめたものとなっています。主たる機関および主要な補助機関の会合については、議事報告書あるいは要約記録のどちらかが作成されるのが普通ですが、その両方が作成されることはありません。記録が残されない機関の場合、プレスリリースが発行されていれば、会期報告書や年次報告書として討議の概要が公表されるまで、これに代わる情報源として活用できます。

ナンバリング・システム

安全保障理事会の正式会合は常に、議事報告書の対象となっており(文書記号に接尾語「/PV」が付く)、通し番号が付されています。(正式会合の準備作業は非公式協議で行われるので、これについての記録は公表されません。)

安全保障理事会の会合は安保理議長が主宰します。議長国は1ヵ月ごとに、安保理理事国の英語名称のアルファベット順で交代します(安全保障理事会暫定手続き規則を参照)。

例:
S/PV.4492 2002年3月15日の第4492回会合の議事報告書

安全保障理事会のプレスリリースはSC/-の文書記号で発行されます。プレスリリースには、会合で行われた討議の要約、および、会合で採択された決議や議長声明の非公式文が掲載されます。最近のプレスリリースの全文はUNニュースセンターの検索オプションを通じてアクセスできます。

電子アクセス

1994年時点の安全保障理事会会合記録の全文は、このガイドを通じてご覧になれます。登録ユーザーの方々は、1983年以降のこれら記録の全文を国連公式文書システム(ODS)で閲覧できます。

インデックス

1964年以降に安全保障理事会で行われた演説は年ごとにまとめられ、印刷物として安全保障理事会議事インデックスに掲載されます。UNBISnet、および、CD-ROM版のUNBIS Plusは、38年目(1983年)以降に安全保障理事会で行われた演説の引用への電子アクセスを提供します。