• プリント

4月6日は「開発と平和のためのスポーツ国際デー」 -アスリートが選ぶ「持続可能な開発目標(SDGs)」-

2017年03月31日

国連は、スポーツが平和と開発を促し、寛容と相互理解を育む側面に着目し、2013年9月、近代オリンピックが1896年に初めて開催された4月6日を「開発と平和のためのスポーツの国際デー」と定めました。

今年の国際デーでは、国連広報センターは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー、ユニセフと協力、6名の著名なアスリートに「持続可能な開発目標(SDGs)」の17のゴールの中からひとつの目標を選んでいただき、目標達成へのメッセージをいただきました。

岡崎 朋美さん:長野五輪スピードスケート女子500M 銅メダリスト

永島 昭浩さん:スポーツキャスター、元サッカー日本代表、「なんとかしなきゃ!プロジェクト」著名人メンバー

井本 直歩子さん:ユニセフ・ギリシャ事務所、アトランタ五輪 競泳日本代表

木村 真野さん:シンクロナイズドスイミング

田中 光さん:日本体操協会広報部委員長、流通経済大学教授(教育学博士)、アトランタ五輪 男子体操競技日本代表 

井原 正巳さん:アビスパ福岡監督、元サッカー日本代表 

関連リンク:

国連とスポーツ スポーツと持続可能な開発(SDGs) 

特集(2016年):

「開発と平和のためのスポーツ国際デー(4月6日)」特集(1):国連UNHCR協会公認企画「難民かけはしプロジェクト」

「開発と平和のためのスポーツ国際デー(4月6日)」特集(2):UNICEF東京事務所の 平林 国彦 代表による寄稿

関連ビデオ: