• プリント

バックナンバー

Apr 2020 Vol.99

Dateline UN(Apr 2020 Vol.99)Dateline UN(Apr 2020 Vol.99)

2020年を東京オリンピック・パラリンピック大会の年として迎えた方も多いことでしょう。しかし今や2020年は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の年として記憶されることは間違いなさそうです。COVID-19 は、人々の命を奪い健康を損なうだけでなく、日常生活をあらゆる形で変えています。特定の品物の供給不足、休校や在宅勤務に伴う「通常業務」の変更、個人や企業の収入減、こうした変化と先行きの不透明さがもたらす不安とストレス。女性、外国人、障がい者、貧困層にいる人々など、特に脆弱な立場に置かれる人々はさらに大きな打撃を受け、開発途上国が受ける影響も甚大だと予測されます。

  • ジェンダー平等:世界の現状
  • SDGsとメディア
    ジェンダー平等への意識は足りていますか?
  • 子どもたちが夢を追える世界の実現のために 小笠原 稔 国際労働機関 児童労働撲滅プロジェクトCTA
  • 国連寄託図書館研修会議 ~図書館はどのようにSDGsに取り組んでいるのか~
  • TOPICS@UN:私たちの未来について「対話」を、ポラード事務次長、ユース担当事務総長特使の訪日ほか
  • 根本かおる所長の国連だより

2.5MB

Nov 2019 Vol.98

Dateline UN(Nov 2019 Vol.98)Dateline UN(Nov 2019 Vol.98)

「若者はあなたたちの裏切りに気づき始めています。すべての未来の世代の目があなたたちに向けられています。あなたたちが私たちを見捨てるのであれば、私たちは絶対に許しません」

スウェーデン出身の16歳の気候活動家、グレタ・トゥーンベリさんは9月23日、「気候行動サミット」の開会に集う政府首脳、ビジネスリーダー、市民社会の代表らを前にこのように述べ、各国の気候変動対策が十分でないことを時に痛烈に批判しながら訴えました。

  • 行動と遂行のための10年に向けてより具体的な計画と、より大きな野心を
  • 一緒に世界を変えていこう“大量生産・大量消費・大量廃棄”を見つめ直しませんか
  • すべての終着点であるゴミの現場に学ぶ 星野 幸代 国連ハビタット福岡本部 本部長補佐官
  • 多方向な交流を生み出す広報をめざして
  • TOPICS@UN:SDGメディア・コンパクト、日本から8社に、SDGsトレイン 東でも西でも“出発進行!”ほか
  • 根本かおる所長の国連だより

8ページ
2.1MB

May 2019 Vol.97

Dateline UN(May 2019 Vol.97)Dateline UN(May 2019 Vol.97)

4年に1度 首脳級で行われるSDGsの点検会合である「SDGサミット」が9月24・25日にニューヨークの国連本部で開催されます。その前日の23日には、アントニオ・グテーレス事務総長の呼びかけで「気候行動サミット」が開かれ、まさにSDGsの推進と気候変動対策とが車軸の両輪であることを示しています。

  • 気候行動:ファッションとスポーツ
    COP24で立ち上がった2つの枠組み
  • 捨てるなら、もらわない ~広がるプラスチック汚染を食い止めるために~
  • 陸上自衛官、国連で働く。
    冨永 敦 国連平和活動局(UNDPO)軍事部軍事計画課
  • 若者の感度で より良い世界の構築を!
  • TOPICS@UN:UNICインターンシップの動画ができました、ハローキティがSDGsを応援します~!ほか
  • 根本かおる所長の国連だより

8ページ
1.4MB

Nov 2018 Vol.96

Dateline UN(Nov 2018 Vol.96)Dateline UN(Nov 2018 Vol.96)

今年8月のアントニオ・グテーレス事務総長の訪日は歴史を刻むものとなりました。被爆73周年長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典への参列は、初めての国連事務総長による長崎の式典への出席でした。

  • 若者のカメラに収められた日本のSDGs
    SDGs学生フォトコンテスト2018
  • 私たちの未来は連帯にかかっている
    ~第73回国連総会ハイレベルウィーク~
  • インターンシップを通して見た国連
    山田 怜 外務省 総合外交政策局 国連企画調整課
  • 試練に直面するパレスチナ難民
  • TOPICS@UN:「きかんしゃトーマス」SDGsで国連とコラボ、“やめよう、プラスチック汚染”ほか
  • 根本かおる所長の国連だより

8ページ
1.5MB

May 2018 Vol.95

Dateline UN(May 2018 Vol.95)Dateline UN(May 2018 Vol.95)

史上初の公開面談と討論を経て第9代国連事務総長に選出されたアントニオ・グテーレス事務総長は、就任から2年目に入りました。紛争や災害が起こってからの「対応」もさることながら、その「予防」により力を入れるとともに、国連加盟国政府の持続可能な開発目標(SDGs)の推進を国連システム全体でより効果的にサポートできるよう、国連システムを改革しようと協議を進めています。

  • 世界的な水危機を回避するために~水の国際行動の10年がスタート
  • スポーツの力で平和とSDGsをアピール 平昌パラ メダリストやアスリートが協力
  • 国連でしかできない仕事があるから:吉田 鶴子 国連環境計画 アジア太平洋地域事務所 プログラム調整官
  • 学校教育の現場に見る SDGs
  • TOPICS@UN:防災担当事務次長補に水鳥氏、SDGs 学生フォトコンテスト、SDGs 推進動画ほか
  • 根本かおる所長の国連だより

8ページ
1.2MB

Oct 2017 Vol.94

Dateline UN(Oct 2017 Vol.94)Dateline UN(Oct 2017 Vol.94)

アントニオ・グテーレス事務総長にとって初めてとなる今年の国連総会ハイレベルウィークは、朝鮮民主主義人民共和国(DPRK)が核実験とミサイル発射を続けるのに加えて、ミャンマー北部のラカイン州で宗派間の緊張からイスラム教徒・ロヒンギャが40 万人を超える規模で隣国バングラデシュに避難し、ミャンマーでの「民族浄化」に対する強い懸念が国連をはじめ国際社会から示される中での開催となりました。

  • 私たちの前途に立ちはだかる脅威と試練~第72回国連総会が開幕
  • アフガニスタンで世界遺産保護に取り組む:長岡正哲 国連教育科学文化機関(UNESCO)カブール事務所文化部主任
  • モハメッド国連副事務総長が訪日 日本社会でのSDGsの浸透を実感
  • TOPICS@UN:スメイル氏が広報局の新トップに、国連ツアーガイド、新ユニフォームを披露ほか
  • 根本かおる所長の国連だより

8ページ
1.4MB

Apr 2017 Vol.93

Dateline UN(Apr 2017 Vol.93)Dateline UN(Apr 2017 Vol.93)

アントニオ・グテーレス氏が2017年1月1日、第9代国連事務総長に就任しました。地球上で最も脆弱な立場にある人々の苦難を難民キャンプや紛争地帯で目の当たりにしてきたグテーレス新事務総長は、人間の尊厳をその活動の中心に据え、平和の仲介者、平和の構築者、そして改革とイノベーションの推進者を務める決意を固めています。

  • 多国間主義の試練をどう乗り越えるか
  • TOGETHER キャンペーン:力を合わせよう。すべての人の尊重、安全、尊厳のために
  • JPOの2年間が今ここにつながっている 堀 幸恵 国連砂漠化対処条約事務局 リーダー・スポークスパーソン
  • 私たちもSDGsを支援しています
  • SDGs TOPICS@UN:持続可能な観光の国際年、リケジョを応援する国際デー、学生フォトコンテスト
  • 根本かおる所長の国連だより

8ページ
1.3MB

Oct 2016 Vol.92

Dateline UN(Oct 2016 Vol.92)Dateline UN(Oct 2016 Vol.92)

故郷を離れることを強いられる難民・避難民の数が6,500万人と第2次世界大戦以来、最大規模となる中で、国連本部に集った世界各国の首脳たちは9月19日、「ニューヨーク宣言」を採択し、難民と移民の権利を守り、人命を救うとともに、世界規模で生じている大規模な人の移動に対する責任を共有するという政治的意思を表明しました。国連総会が難民と移民の大規模な移動に関するサミットを開くのは今回が初めて。より人間的で協調的なアプローチのもとに各国を団結させることが開催の狙いです。

  • 私たちの世界を変革する普遍的な行動を
  • 核兵器のない世界をめざして:河野 勉 軍縮部 上級政務官
  • 平和なくしてSDGs の達成なし:トークイベントを開催
  • 2016年はSDGs元年:エス・ディー・ジーズを広めるために
  • TOPICS@UN:年表で振り返る日本と国連の60年、第6回アフリカ開発会議、オリンピック停戦
  • 根本かおる所長の国連だより

8ページ
1.4MB

Apr 2016 Vol.91

Dateline UN(Apr 2016 Vol.91)Dateline UN(Apr 2016 Vol.91)

2016年は国連と日本のあゆみにとって重要な節目の年です。1956年12月18日に日本が80番目の加盟国として国連に加盟してから、今年で60年になります。

  • 持続可能な社会をめざして、新たな出発の年
  • SDGs を支える“ 統計” のプロ:大崎敬子 統計部次長
  • JPO で“ はじめの一歩” を踏み出そう:平原弘子 UNMISS ベンティウ事務所長
  • 史上初、世界人道サミット 開催へ
  • TOPICS@UN:気象キャスター、国連の舞台裏、創設70 周年セミナー、アフガニスタン特別代表
  • 根本かおる所長の国連だより

8ページ
1.3MB

Oct 2015 Vol.90

Dateline UN(Oct 2015 Vol.90)Dateline UN(Oct 2015 Vol.90)

2030年までに貧困に終止符を打ち、持続可能な未来を追求する ― 大胆かつ新しい開発目標が9月25日、ニューヨークの国連本部で開催された「持続可能な開発サミット」において、193の加盟国による全会一致で採択されました。この重要な開発目標は、国際社会と各国政府が今後15年間の繁栄と福祉の共有を促進するための出発点となります。

  • 人々と地球のために、私たちの世界を転換させよう
  • 世界各地で”UN 70″ 国連創設70周年を祝うイベントが次々と
  • 日々の緻密な努力が政治を動かす:山下真理 アジア太平洋州部部長
  • デジタル映像から見る日本と国連
  • TOPICS@UN:UN Women 日本事務所、軍縮ブックレット、国連ビジネス、あいち国際女性映画祭
  • 根本かおる所長の国連だより

8ページ
2.7MB

Apr 2015 Vol.89

Dateline UN(Apr 2015 Vol.89)Dateline UN(Apr 2015 Vol.89)

潘基文(パン・ギムン)国連事務総長が3月13日から17日まで日本を公式訪問しました。防災の国際的な枠組みを決める「第3回国連防災世界会議(WCDRR)」に出席したほか、5日間にわたり仙台と東京で精力的に活動し、持続可能な世界を築くための重要なメッセージを様々な人々に向けて発信しました。

  • 潘基文(パン・ギムン)国連事務総長が訪日
  • 幅広い分野の調達活動に徹するプロ:三井清弘 調達支援サービス・チーフ
  • 事務総長室で国連の中枢に携わる:小野舞純 上席経済担当官
  • 2015:グローバルな行動のとき 創設70周年を迎えた国連、節目の年
  • TOPICS@UN:特別報告者の記者会見、PKO局長訪日、ガラッチ新広報局長、70周年記念セミナー開始
  • 根本かおる所長の国連だより

8ページ
2.7MB

Nov 2014 Vol.88

Dateline UN(Nov 2014 Vol.88)Dateline UN(Nov 2014 Vol.88)

「きょうは素晴らしい、歴史的な日となりました。これほど多くの指導者が一堂に会し、気候変動への対策を約束したことは、いまだかつてありません」とは、「気候サミット(Climate Summit)」を呼びかけた潘基文(パン・ギムン)事務総長のサミットでの言葉です。ニューヨークの国連本部に9月23日、120を超える国・地域の首脳らに加え、企業や金融、市民社会のリーダーらが集結し、「2015年末までに有意義かつ普遍的な気候合意を取りつける」という意志を明確に示しました。

  • 国連は2015年、創設70周年を迎えます
  • 考えてみませんか、国連でのキャリア関西と名古屋で初の合同採用説明会
  • 気候サミットに参加して:NHK「ニュースウオッチ9」気象キャスター 井田寛子さんからの報告
  • TOPICS@UN:エボラ出血熱、国連デー記念コンサート、UNAIDS親善大使、キャリア・セミナー
  • 根本かおる所長の国連だより

8ページ
3.2MB

Jul 2014 Vol.87

Dateline UN(Jul 2014 Vol.87)Dateline UN(Jul 2014 Vol.87)

気候変動という深刻な脅威に対し、その課題解決に向けて各国が大胆かつ具体的な行動計画について話し合う「気候サミット(Climate Summit)」が、ニューヨークの国連本部で9月23日に開催されます。

  • 新しいツールで理解の向上をめざす中東和平国際メディア・セミナー
  • 地雷のない世界の実現をめざす:マカイユ国連地雷対サービス部長
  • 新たな開発アジェンダの策定をめざす:モハメッド事務総長特別顧問
  • PKOで活躍する女性たち:戦争で傷ついた女性たちに寄り添って
  • TOPICS@UN:UN Women 日本事務所開設へ、南スーダン記者会見、スポーツと開発、ワールドカップ
  • 根本かおる所長の国連だより

8ページ
2.6MB

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。