• プリント

「開発と平和のためのスポーツ国際デー(4月6日)」特集(2):UNICEF東京事務所の 平林 国彦 代表による寄稿

2016年04月06日

「開発と平和のためのスポーツの国際デー(46)」を迎えるにあたり、国連広報センターでは、スポーツと国連の取り組みをテーマにブログを掲載しました。

子ども達の成長にとって「教育を受ける受ける権利」と同様、「遊びやスポーツをする権利」が求められています。安全かつ健康な環境で、遊びやリクレーションを楽しむ場の提供の重要性を再認識する必要があるでしょう。今なぜスポーツなのか、UNICEF東京事務所の 平林 国彦 代表の寄稿をお届けします。

UNICEF東京事務所の 平林 国彦 代表による寄稿「スポーツが世界の子どもを救うとき ~ 今なぜスポーツなのか ~」

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。