• プリント

長崎に残された グテーレス事務総長からの直筆メッセージをご紹介します

2018年08月09日

アントニオ・グテーレス国連事務総長は8月9日、被爆73周年長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典への出席に先立ち、長崎原爆資料館を訪れ被爆の実相に触れる機会を持ちました。記帳には次のようなメッセージが残されていました。

 

 

“This museum is a masterpiece that shows us the human suffering by Nagasaki with atomic bomb and demonstrates clearly our moral imperative to build a world free of nuclear weapons. Congratulations to all women and men that worked to create this remarkable testimony.”

「この資料館は、長崎の人々が原爆により被った苦難について私たちに教えてくれる素晴らしい場所です。ここは、核兵器のない世界を築くための私たちの道義的な責務を明確に示しています。証しを語るこの素晴らしい資料館を創設するのに尽力されたすべての方々に称賛の意を表します」

 

 

その後、国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館で祈りを捧げた事務総長。同館で行った記者会見の終わりに記されていたのは、長崎で新たにした決意の言葉です。

 

 

 

 

 

“I express my deep solidarity with all the victims of the atomic bomb, their families and Nagasaki community. My message is very clear repeating the cry of the courageous Hibakusha. Nagasaki never again.”

「すべての原爆被害者、そのご家族のみなさま、そして長崎にお住まいの方々との深い連帯を私は表明します。私のメッセージは明確です。勇気ある被爆者の叫びに続くこと ― 長崎を二度と繰り返さないように、と」