• プリント

ホロコースト犠牲者を想起する国際デー(1月27日)事務総長メッセージ

プレスリリース 18-002-J 2018年01月25日

私たちはきょう、ホロコーストで命を奪われたユダヤ人の男女と子ども600万人に思いを馳せます。残虐行為が世界を震撼させる中で、その他数限りない人々も命を失いました。

第2次世界大戦から数十年を経た今でも、私たちは反ユダヤ主義が根強く残り、その他の形態の差別も増加する様子を目の当たりにしています。

極度の憎悪を中心になって広めている人々の中には、ネオ(新)ナチ主義者と白人至上主義者の集団もいます。

卑劣なものの見方が社会の縁辺から主流に躍り出ることが、あまりにも多くなっています。

私たちはともに、憎悪を当たり前とする動きに立ち向かわなければなりません。

いつでもどこでも、人間としての価値が放棄されれば、私たちは危険にさらされます。

人種主義と暴力に素早く、明確に、そして断固として抵抗する責任は、私たち全員にあります。

私たちは教育と理解を通じてこそ、すべての人の尊厳と人権、平和的共存が守られる未来を構築できるのです。

* *** *