• プリント

4月11日付のジャパンタイムズに、フェドートフ国連薬物犯罪事務所(UNODC)事務局長の寄稿文が掲載されました

2015年04月13日

4月11日付のジャパンタイムズに、ユーリ・フェドートフ国連薬物犯罪事務所(UNODC)事務局長の寄稿文が掲載されました。

第13回国連犯罪防止刑事司法会議が4月12日、カタールの首都ドーハで始まりました。4月19日までの会期中、「持続可能な開発を支援する包括的な犯罪防止」を主なテーマに、法の支配、基本的な人権、腐敗に対するゼロ・トレランスなどが話し合われます。

フェドートフ事務局長は寄稿文の中で、会議のテーマとなっている課題について、具体的な事例をあげてわかりやすく説明しています。

ジャパンタイムズの記事はこちらからご覧いただけます。

第13回国連犯罪防止刑事司法会議の特別ページ(日本語)はこちら

©UN Photo/Rick Bajornas