• プリント

第13回国連犯罪防止刑事司法会議(犯罪防止会議)

2015年04月10日

banner_lg

第13回国連犯罪防止刑事司法会議(犯罪防止会議)とは何ですか?

第13回国連犯罪防止刑事司法会議(犯罪防止会議)が、カタール政府の主催により、2015年4月12日から19日にかけてドーハで開催されます。犯罪防止会議は、1955年以来5年ごとに世界各地で開催され、幅広いトピックを扱っています。本会議は、国際的な犯罪防止と刑事司法の分野に大きな影響力があり、その影響は国策や実務にも及びます。グローバルなフォーラムとして、国家間と関連する分野の専門家間で情報やベストプラクティスの交換が行われています。この会議の全般的な目的は、世界中でより効果的な犯罪防止政策と刑事司法対策を推進することです。

 犯罪です!人身取引

  Human Trafficking Photo

 「生命が取引され、売られ、搾取され、虐待され、破壊される無情な人権侵害である人身取引は、世界で最も恥ずべき罪悪の1つです。影響を受けていない国は1つもなく、数百万の生命が危機に瀕しています。私たちは団結して立ち向かい、問題にスポットライトを当て、人身取引業者を刑務所に送り、被害者と危機にさらされている人々を保護し支援を提供しなければなりません。」- 潘基文国連事務総長

人身取引は何世紀にもわたって行われてきました。人身取引は世界中で数百万人の脆弱な女性、子ども、男性を無情に搾取する無慈悲な犯罪です。秘密裏に行われるという性質から、現在でさえ、問題の規模を判断するのは非常に困難です。世界中ほぼすべての国々が母国、通過国、目的国のいずれかとして影響を受けています。毎年数十億ドルもの巨額の不正な利益を生む、世界的な犯罪活動になっています。この世界的な犯罪は、より利益が多く、よりリスクの低い場所に移動し、地域の状況や機会に合わせて、常に変化し、進化しています。

詳細は >>> https://www.unic.or.jp/news_press/info/13448/

犯罪です! 移住者密輸

 Migrant Smuggling Photo

 「移住者が安息の地への絶望的な船旅で命を失うという悲劇的な報告が、終わることはないようです。数十万人もの女性、男性、子どもが試みるこの危険な旅を容易にしているのはほとんどの場合、密輸組織です」 – ユーリ・フェドートフ国連薬物犯罪事務所(UNODC)事務局長

日々、命がけで貧困、機会の欠如、自然災害、迫害、紛争、政情不安から逃れようとする人々が世界中にいます。母国でより良い生活やより安全な生活が確保できないと、国境を越えることが自分や家族にとって唯一の選択肢ではないとしても、最善の選択肢であるかのように思えてしまいます。様々な理由で合法的に移住する可能性を利用できないことも多い世界では、この需要が儲かる違法な市場を生み出しています。

詳細は >>> https://www.unic.or.jp/news_press/info/13502/

 犯罪です! 腐 敗

 Corruption Photo

 「腐敗とは、経済的、社会的開発を盗むようなものです。ごく普通の人々から進歩し、繁栄する機会を盗むことです」 – ユーリ・フェドートフ国連薬物犯罪事務所(UNODC)事務局長

 2015年の犯罪防止会議は、犯罪防止の弱体化と社会開発の低迷の関係について認識を高め、法の支配と効果的な刑事司法制度を尊重することなく持続的な開発を達成するのは困難であることを加盟国に示すことを目的としています。

 法の支配には、人権に基づく首尾一貫した法の枠組みと、効果的な行政体制と機構が必要です。すべての国民が、法の下で平等な権利を有し、公共サービス、情報、司法制度を利用できなければなりません。適切な基準と枠組みを通して、法の支配は法的強制力のある契約、公正な就業規則、保健・公衆衛生システム、教育、暴力や紛争や犯罪に対する効果的な安全保障など、開発と包括的な成長に不可欠な要素を下支えます。

詳細は >>> https://www.unic.or.jp/news_press/info/13505/

犯罪です! サイバー犯罪

 Cybercrime Photo

 「科学技術は、飢餓、病気、エネルギーの浪費に対して驚異的な進歩を遂げていますが、組織犯罪にも力を与え、サイバー攻撃による壊滅的な攻撃への不安も高めました」 – ヤン・エリアソン国連副事務総長

サイバー犯罪は新たに出現した国際犯罪であり、最も急速な成長を遂げている犯罪でもあります。世界中に情報と通信手段を提供するインターネットは私たちの生活の不可欠な部分となり、犯罪者たちはそのことに便乗しています。世界中で20億人ものユーザーが集うサイバースペースは、匿名性を維持でき、私たちが意識的に、あるいは不本意にオンラインに保存しているあらゆる形態の個人情報にアクセスできる、犯罪者たちにとって理想的な場所です。インターネットの安全性への脅威は近年急上昇しており、サイバー犯罪は全世界で4億3,100万人を超える成人に被害を与えています。

 詳細は >>> https://www.unic.or.jp/news_press/info/13514/

犯罪です! 野生生物犯罪

 Wildlife Crime Photo

 「密猟と野生生物の不法取引は、地域社会、環境、治安に壊滅的な影響を及ぼします。密猟者などの犯罪者は、世界中でゾウ、サイ、トラなど多数の種を絶滅寸前に追いやっています。犯罪者は地域の暮らしを破壊し、脆弱な生態系を乱し、社会的、経済的開発を妨げます。暴力と腐敗を助長し、法の支配を弱体化させます」 – ユーリ・フェドートフ国連薬物犯罪事務所(UNODC)事務局長

 野生生物と森林に関する犯罪は、産業として急速に成長しており、薬物、武器、人身の取引と並んで、犯罪者ネットワークに莫大な利益をもたらしています。手っ取り早く利益が得られますが、将来の野生生物の壊滅的な損失につながり、私たち全員に影響が及ぶ犯罪です。動物は体の一部を利用するために殺されたり、エグゾチックなペットとして取引されています。家具や木製品を製造するために、木は切られ、森林は破壊されています。この犯罪の影響は全世界に及んでいますが、違法取引の中心はアフリカとアジアとその二地域間となっています。

 野生生物と森林に関する犯罪に含まれるのは、国内法や国際法に違反して、動植物(動物、鳥、魚、植物、木)を採取、取引、輸出入、処理、所持、取得、消費することです。

 詳細は >>> https://www.unic.or.jp/news_press/info/13519/

 ファクトシート

 Q & A

ビデオ

何十億ドルもの利益を生み出す実入りのいい商売。人間という尊い存在が商品として売られ、その多くが売春を強要されます。国連のカメラは、人権特別報告者として人身取引撲滅に力を注ぐ、たぐくいまれな女性の姿を追いました。

毎日、巨大な貨物船が数千万のコンテナをのせ、世界を行き交っています。しかし、時として、その船内に違法薬物、偽造品、あるいはもっと危険なものを忍ばせているかもしれません。国連薬物犯罪事務所(UNODC)は世界中の港で、国際社会に対するそれらの脅威と戦っています。

国連薬物犯罪事務所(UNODC)とは: http://bit.ly/1aPd8lL

 

毎年、数えきれない野生生物が絶滅の危機に追いやられる一方で、犯罪者たちが、野生生物の不正取引で巨万の富を生み出しています。

制作:国連薬物犯罪事務所(UNODC)

 

 犯罪組織の偽造品売買による収益は、年間で2500億ドル以上になります。その収益は、より悪質な組織の活動資金となり得るのです。

偽造品によって、労働者の搾取や環境への悪影響という倫理的な問題が生じています。さらに、あなた自身や、あなたの健康に悪影響を及ぼす恐れもあります。UNODC(国連薬物犯罪事務所)は、この度、新しいPSA(公共広告)「Look Behind(後ろを振り返って)」を配信し、偽造品の使用がもたらす倫理的な悪影響について警鐘を鳴らしています。

偽造品に対する国連の取り組みは(英語):http://www.unodc.org/counterfeit/

 近年、国境を越えた組織的な犯罪が深刻化しています。そのような犯罪に、加盟国と共に取り組んでいる国連の機関があります。国連薬物犯罪事務所(UNODC, http://www.unodc.org/)です。国際的な組織犯罪による不正取引は、年間8700億ドルに上り、これは世界全体のGDPのおよそ1.5%、ODA予算の6倍、世界の輸出総額の7%に相当します。

リンク

Crime Congress 

UNODC 

Crime Congress Facebook page 

 

 

bbbbb