• プリント

SDGs達成に向けた取り組みで得たグッド・プラクティス、サクセス・ストーリー、教訓を募集しています!(2019年2月28日まで)

プレスリリース 18-086-J 2018年12月05日

ぜひお寄せください!

2030アジェンダと持続可能な開発目標(SDGs)の採択から3年を経た今、多くの政府や国連主体、国際・地域機関、大手企業グループその他のステークホルダーは、SDGsの進捗に関する根拠に基づいた把握を計画しているか、すでにこれに着手しています。

現状はどうなっているのでしょうか。目標達成のめどは立っているのでしょうか。成果やインパクトを表し、人を鼓舞するような突破口やサクセス・ストーリー(成功事例)には、どのようなものがあるでしょうか。他が見習って実践し、あるいは拡大して取り組めるグッド・プラクティス(好事例)は何でしょうか。どのようなギャップや制約があり、それらにはどう対処すべきでしょうか。今後に向けて、私たちは前進を加速するため、どのようなステップを踏むべきでしょうか。

これらの問いについては目下、検討が行われているところですが、こうした問いに答えるための一助として、国連経済社会局(UN DESA)は、2030アジェンダとSDGsへの取り組みで得られたグッド・プラクティス、サクセス・ストーリー、教訓を募集しています。提出された事例は、UN DESAが調整役を務める専門の機関合同チームが分析したうえで、オンラインで公表し、簡単にアクセスしたり、幅広く拡散したりできるようにします。また、事例は適宜、2019年の持続可能な開発に関するハイレベル政治フォーラム(HLPF)会合のテーマ別参考資料として活用される可能性もあります。

また、2019年のHLPF会合に先駆け、主なグッド・プラクティスとサクセス・ストーリーを披露し、SDGsの進捗に関する根拠に基づいた把握の主な結果を提示するためのイベントを、総会のもとで開催予定です。これまでに得られたグッド・プラクティス、サクセス・ストーリーや教訓の提出、収集、分析、拡散は、2030アジェンダとSDGsの達成に向けた勢いをさらに強めることに役立つでしょう。

提出はオンライン・ポータルで、2018年11月1日から2019年2月28日まで受け付けます。提出の際には、できる限り所定のテンプレートに従ってください。

お問い合わせは、UN DESAのDivision for Sustainable Development (メールアドレス:DSDG@un.org)までどうぞ。

皆様の応募をお待ちしています。

 

事例の提出はこちらからどうぞ。

  • 提出用テンプレート(英語)はこちらからダウンロードできます。なお、提出はオンライン・ポータル経由で行ってください。
  • 呼びかけのチラシ(英語・PDF版)はこちらからダウンロードできます。
  • よくある質問(英語)はこちらをご覧ください。

 

原文(English)はこちらをご覧ください。