• プリント

日本のお笑い芸人が京都でSDGs(エス・ディー・ジーズ)ネタに挑戦

2017年10月18日

京都国際映画祭2017と並行して開催された特別イベントに国連を代表して出席したジェフリー・ブレズ広報局アウトリーチ部NGOとの連携ならびにアドボカシー&スペシャルイベント課チーフ(右から3人目)と根本かおる国連広報センター所長(右から4人目)©Photo: UNIC Tokyo/Takashi Okano

日本のお笑い芸人たちが2017年10月13日、日本文化の中心地である京都で国連の後援により開かれた特別イベントに参加し、持続可能な開発目標(SDGsをネタに盛り込んで観客を笑わせる技を競いました。

根本かおる国連広報センター所長は「エンターテインメントが持つ影響力のおかげで、きょうのお笑いパフォーマンスが、これほど多くの人々にSDGsへの関心を持っていただけるきっかけとなったことを目の当たりにでき、感激しています。笑うことは人々の心を開き、お笑いとエンタメは人々の垣根を取り払うことができるのです」と語っています。

この創造性に富んだ試みは、国連広報センターが今年はじめ、約6,000人のお笑い芸人を抱える芸能界大手、吉本興業との間で立ち上げた特別の協力関係により可能になりました。

ジェフリー・ブレズ国連広報局アウトリーチ部NGOとの連携ならびにアドボカシー&スペシャルイベント課チーフは、2030年までに地球を持続可能な未来へと導くこの基本計画について国連が広く情報を発信するためには、クリエイティブ関係者の協力が必要だと述べました。

吉本興業の大﨑洋・代表取締役社長は「困難な事 難しい事 長い時間を要するかもしれない事 皆んなでやらなければいけない事 大切な事 そんな事をわかりやすく やさしく!」と語っています。

「よしもと祇園花月」で開かれたお笑いコンテスト。お笑い芸人はSDGsのテーマを借りてネタを作り、賞の獲得を競った。審査員には、お笑い界の大御所・西川きよし氏、ケンドーコバヤシ氏とともに、根本かおる国連広報センター所長も加わった©Photo: UNIC Tokyo/Takashi Okano

イベント主催者の発表によると、5組のチームがそれぞれの色のSDGsロゴの付いたTシャツ姿でステージに登場。各チームには、17のゴールのうち少なくとも3つをネタに盛り込み、芸を披露するというお題が出されました。

最後に登場したNON STYLEのコンビは、野球選手とその彼女という設定で、野球選手が彼女への誕生日プレゼントを考えるというネタに計11のゴールを盛り込みました。審査員を務めた根本所長は、NON STYLEを最優秀賞に選び、国連グッズを授与しました。

SDGs1グランプリに優勝したNON-STYLE  写真:京都国際映画祭

SDGs1グランプリ後に行われた記者会見 写真・京都国際映画祭

このイベントは「京都国際映画祭2017」の一環として開催されたものです。

10月12日に国連教育科学文化機関(UNESCO)から世界遺産にも認定されている西本願寺でオープニングセレモニーが行われたこの映画祭は、15日まで開催されました。

オープニングセレモニーでメッセージを送るジェフリー・ブレズ国連広報局アウトリーチ部NGOとの連携ならびにアドボカシー&スペシャルイベント課チーフ 写真:京都国際映画祭

オープニングセレモニーが行われた西本願寺南能舞台 写真: 京都国際映画祭

岡崎公園でのSDGsスタンプラリーに参加する高校生 ©Photo: UNIC Tokyo/Takashi Okano

よしもとSDGsスタンプがすべて揃った用紙 ©Photo: UNIC Tokyo/Takashi Okano

映画祭ではその他、SDGsをテーマとするイベントとして、日本屈指のクリエイターたちが制作したSDGsに関する短編プロモーション映画の上映会や、お笑い芸人のメッセージを盛り込んだ17のSDGsスタンプを集める子ども向けスタンプラリーも開催されました。

SDGs吉本新喜劇@よしもと祇園花月で挨拶をする国連広報センターの根本かおる所長 ©Photo: UNIC Tokyo/Takashi Okano

SDGs吉本新喜劇@よしもと祇園花月 ©Photo: UNIC Tokyo/Takashi Okano

* *** *

原文(English)はこちらをご覧ください。