• プリント

世界の動きと国連(2020年)

世界のニュースと国連の関わりを簡潔にお伝えします。(UN News のNews in Briefから)
「News in Briefから[PDF]」をクリックすると、当該日のオリジナル・ニュース(文字と音声)を開くことができます。

2020年01月17日News in Briefから[PDF]

リビア:子どもたちの苦境
リビアにおいて、長引く暴力と混乱によって、難民や移民の子どもたちが窮状に陥っている。ユニセフのフォーレ事務局長は声明を発し、国際社会の対応を求めた。
シリア:市民の保護を
シリア北西部において、停戦が発表されたにもかかわらず、市民が引き続き殺害され避難民となっている。バチェレ国連人権高等弁務官はこの状況に非難声明を発した。
カンボジア:野党指導者の裁判
カンボジアの野党指導者ソカ氏が国家反逆罪で裁判にかけられることについて、国連の独立人権専門家たちは政治的動機に基づくものとして憂慮を表明。

2020年01月16日News in Briefから[PDF]

シリア:子どもたちの夢消し去る
シリアに関する国連調査委員会の報告が木曜日、発表された。報告書は、同国における9年間の紛争で子どもたちが殺害され、拷問され、レイプされるなど、人権侵害に苦しんでいる状況を指摘した。
アフリカ南部:飢餓に苦しむ人々
世界食糧計画(WFP)によれば、アフリカ南部で、干ばつ、洪水、経済不安が続き、女性や子どもを中心に4,500万人が重大な食料不足に苦しんでいる。
ナイジェリア:拉致された人々、解放
ナイジェリアで非国家アクターに拉致された、3人の援助活動家を含む人々がこのたび無事解放された。同国駐在の人道調整官は安堵の念を表明した。

2020年01月14日News in Briefから[PDF]

新種ウィルス:調査続く
世界保健機関(WHO)によれば、中国で見つかった新種のウィルスがどのように感染したかは依然として不明である。
リビア:移民、拘束施設に
国際移住機関(IOM)によれば、今年に入り、リビアから海路で流出した何百人もの人々が首都トリポリの拘束施設に送られている。
スーダン:難民支援の資金を
スーダンにおいて、20万を超える人が避難を余儀なくされている。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、これら避難民のための支援アピール(2020年)を発し、4億7,700万ドルの資金拠出を呼びかけた。

2020年01月10日News in Briefから[PDF]

コンゴ:人権侵害の調査実施
国連合同人権事務所により、コンゴ民主共和国における人権調査が実施されたところ、2017年から昨年9月にかけて、同国北東部のヘマおよびレンドゥのコミュニティを巻き込んだ襲撃事件が起こり、少なくとも701人が殺害され、168人が負傷したことが明らかになった。
エルサルバドル:避難民に勝利
エルサルバドルにおいて、新法が国会を通過し、何万人もの避難民が人道支援へのアクセスを手に入れ、基本的人権を回復した。
UNHCRにオリンピック賞
国際オリンピック委員会(IOC)はこのたび、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)がスポーツを通じて難民や受け入れコミュニティーを支援し、オリンピックの価値を促進してきたことを称えて、オリンピック・カップを授与した。

2020年01月09日News in Briefから[PDF]

マリ:国連駐屯地への攻撃
マリのキダル地域で、国連、同国、国際部隊が共有する駐屯地に対して迫撃砲攻撃が行われ、国連の平和維持兵に死傷者がでた。MINUSMAはこの襲撃事件を強く非難した。
難民保護:2020年を変化の年に
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は欧州連合(EU)に対し、2020年を難民保護を拡大するための変化の年にするよう訴えた。
リビア:停戦の呼びかけ
ロシアとトルコがリビア停戦を共同で呼びかけたことについて、国連事務総長特別代表が歓迎の意を表明。

2020年01月07日News in Briefから[PDF]

シリア:イドゥリブ人道状況
シリアのイドゥリブ地域において、過去8か月間、空爆などが続き、70万人以上が避難を余儀なくされ、人道状況が悪化している。シリア地域を担当する国連人道伏調整官のマーク・カッツ氏が声明を発し、警告した。
ベネズエラ:政治危機続く
ベネズエラで引き続く政治危機のうえに、最近の大統領選や国会議長などの情勢が加わって、緊急に必要とされる対話が一層困難になっている。グテーレス事務総長が述べた。
スーダン:西ダルフールで暴力
スーダンの西ダルフールのEl Geneinaおよびその周辺で発生するコミュニティー間の暴力によって、昨年12月後半以降、少なくとも54人が死亡し、60人が負傷し、4万人が避難民となっている。

2020年01月06日News in Briefから[PDF]

豪州森林火災にユニセフ支援
オーストラリアで森林火災が続いている。ユニセフは、同国政府とパートナーに対する支援を提供。
船舶規制:硫黄酸化物排出
船舶に関する新しい環境規制が発効した。船舶の燃料油使用で排出される有害な硫黄酸化物を大きく削減すべく、世界的にその上限を3,5%から0.5に下げた。
カンボジア:ビル倒壊
カンボジア沿岸のケップ市でビルが倒壊し、36人の労働者が死亡し、23人が負傷した。国際労働機関(ILO)の現地事務所は憂慮を表明した。

2020年01月03日News in Briefから[PDF]

ラテンアメリカ:災害多発地域
国連人道問題調整事務所(OCHA)によれば、2000年から2019年にかけて、ラテンアメリカ・カリブ地域において、洪水、ハリケーン、地震などで1億5200万人が被災し、世界では2番目に災害が多発した地域となった。
西ダルフール:住民間の衝突
スーダンの西ダルフールのいくつかの村落において住民間の衝突事件が発生し、3万人が避難を余儀なくされている状況について、国連人道問題調整事務所(OCHA)は注視を続けている。
気候変動:シェフたちの取り組み
国連の気候変動対策プロジェクト“Recipes for Change”に取り組むセネガル出身のシェフが小規模農業コミュニティーへの支援拡大を求めた。

2020年01月02日News in Briefから[PDF]

ギニアビサウ:大統領選、実施
ギニアビサウにおいて大統領選が昨年末、平和裏に終了したことについて、国連西アフリカ・サハラ事務所(UNOWAS)の代表は称賛するとともに、国連の支援継続を誓った。
国連創設75周年:グローバル対話
2020年は国連創設75周年。国連は世界の未来について最大規模のグローバル対話”UN75 dialogues”への参加を呼びかけた。集められた意見や考えは今年9月に開かれる75周年記念のハイレベルイベントで共有される。
WHO:保健衛生への投資を
世界保健機関(WHO)の事務局長はビデオ映像で新年の挨拶を述べ、世界各地で保健衛生の仕事に勇敢に取り組んでいる人々に謝意を述べるとともに、世界に対し、それらの人々への支援を拡大するよう訴えた。