• プリント

「性差別による暴力廃絶活動の16日間」キャンペーン記念 国連3機関による特別映画上映会のお知らせ

2013年11月12日

ご好評につき定員に達しました。上映会参加の受付は終了させていただきます。(11月25日)

11月25日の「女性に対する暴力撤廃の国際デー」から12月10日の「世界人権デー」までの16日間は、「性差別による暴力廃絶活動の16日間」というキャンペーン期間です。このキャンペーンの一環として、国連広報センター(UNIC)主催、国連人口基金(UNFPA)と国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の共催により、ソマリア出身のトップ・モデルで女性性器切除(Female Genital Mutilation = FGM)の廃絶に奔走する、ワリス・ディリーの半生を描いた映画『デザートフラワー』の特別上映会を開催します。

 最新の統計では、1億2千5百万人を超える女性と女児が性器を切除されて暮らし、3千万人の女の子たちが今後10年間にFGMを受ける危険性があると見られています。ワリス・ディリーのベストセラー自叙伝『砂漠の女ディリー(原題:Desert Flower)』を映画化した本作をご覧いただいた上で、女性の権利の向上と女性に対する暴力の廃絶に長年関わってこられた国連人口基金(UNFPA)東京事務所 佐崎淳子(さざき・じゅんこ)所長と国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所 小尾尚子(おび・なおこ)副代表を交えて、お話をうかがいます。

 日 時:   2013年11月27日(水) 開場18:45 開始19:00

 場 所:   国連大学本部ビル2階レセプション・ホール (東京都渋谷区神宮前5-53-70)

http://jp.unu.edu/about/contact-us#location

主 催:   国連広報センター(UNIC)

共 催:   国連人口基金(UNFPA)東京事務所、国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所

定 員:   100名

お申込み:参加ご希望の方はEメールにて1122日(金)までにevent@untokyo.jp までお申込みください。件名を「特別上映会参加希望」とし、氏名・所属・人数・メールアドレスを明記の上、ご登録願います。定員となり次第、締め切らせていただきます。

お問い合わせ:国連広報センター(岡野 電話:03-5467-4451)

プログラム(予定):

-主催者あいさつ 国連広報センター 根本かおる所長

-映画『デザートフラワー』上映

-トーク・セッション

国連人口基金(UNFPA)東京事務所 佐崎淳子所長

国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所 小尾尚子副代表

モデレーター 国連広報センター 根本かおる所長

映画『デザートフラワー』あらすじ:

13歳のソマリア人少女ワリスは政略結婚から逃げ、ロンドンで在英ソマリア大使館のメイドとして身を潜める。祖国の内戦によって大使館が閉鎖した後、著名な写真家にスカウトされ国際的なモデルとして成功を収めるが、やがてキャリアを手放し、自らが被害者である女性性器切除(FGM)と戦う決心をする。

監督:シェリー・ホーマン  ドイツ、オーストリア、フランス / 2009 / 127分

映画公式ウェブサイト http://www.espace-sarou.co.jp/desert/index_B.html

 

unic_logo
unfpa_logo
unhcr_logo-290x82
デザートメイン
(C)Desert Flower Filmproductions GmbH