• プリント

性差別による暴力廃絶活動の16日間(11月25日~12月10日)、スタート

2013年11月25日

banner3今年も「性差別による暴力廃絶活動の16日間」が始まりました。この国際的なキャンペーンは、女性に対する暴力撤廃の撤廃のための国際デーに指定された11月25日から人権デーの12月10日まで、16日間にわたって行われます。

このキャンペーンを象徴する色はオレンジです。16日間のキャンペーン中、オレンジの色をフィーチャーして、女性と女児に対する暴力のない世界のイメージを描きませんか。

国連広報センターのイベント

「性差別による暴力廃絶活動の16日間」キャンペーン記念
 国連3機関による特別映画上映会のお知らせ

国連広報センター(UNIC)は、このキャンペーンの一環として、国連人口基金(UNFPA)と国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)との共催により、ソマリア出身のトップ・モデルで女性性器切除(Female Genital Mutilation = FGM)の廃絶に奔走する、ワリス・ディリーの半生を描いた映画『デザートフラワー』の特別上映会を開催します。

最新の統計では、1億2千5百万人を超える女性と女児が性器を切除されて暮らし、3千万人の女の子たちが今後10年間にFGMを受ける危険性があると見られています。ワリス・ディリーのベストセラー自叙伝『砂漠の女ディリー(原題:Desert Flower)』を映画化した本作をご覧いただいた上で、女性の権利の向上と女性に対する暴力の廃絶に長年関わってこられた国連人口基金(UNFPA)東京事務所 佐崎淳子(さざき・じゅんこ)所長と国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所 小尾尚子(おび・なおこ)副代表を交えて、お話をうかがいます。

日時:2013年11月27日(水) 開場18:45 開始19:00
場所:国連大学本部ビル2階レセプション・ホール(東京都渋谷区神宮前5-53-70)
https://www.unic.or.jp/news_press/info/5412/

orange_day

ビデオ

関連資料

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。