• プリント

アントニオ・グテーレス国連事務総長の訪日について

プレスリリース 17-066-J 2017年12月05日

アントニオ・グテーレス国連事務総長は、日本を訪問するため12月13日(水)夜に東京に到着する予定です。

事務総長は12月14日(木)に安倍晋三内閣総理大臣と会談を行います。さらに、議員、市民社会の方々とも懇談を行う予定です。

事務総長は、日本政府、国際協力機構(JICA)、世界銀行グループ、世界保健機関(WHO)、国連児童基金(UNICEF)、およびUHC2030のための国際保健パートナーシップ(UHC2030)の共催による、「UHC(ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ)フォーラム2017」で演説します。

また、事務総長は上智大学において「Global challenges — the role of human security(「グローバル課題~『人間の安全保障』の役割~」(仮) 」をテーマに講演を行った後、学生との意見交換を行います。その後、日本記者クラブで記者会見を行う予定です。

事務総長は14日夜にニューヨークへ戻ります。

* *** *

©UN Photo/Mark Garten