• プリント

国連フィールド・ミッション 事務総長特別代表/特別副代表 候補人材の指名を募る グローバル・キャンペーン

プレスリリース 17-010-J 2017年03月10日

国連事務局は2017年2月16日、事務総長特別代表(SRSG)と、法の支配および/または政務を担当する事務総長特別副代表(DSRSG)のポスト全般を務めることのできる候補人材の指名を募るグローバル・キャンペーンを立ち上げました。これら59のシニア・ポストは国連が現在、全世界で展開している29のフィールド・ミッションに設置されています。

これら高官ポストにつき、幅広く多様な候補者のプールを確保するため、国連は事務総長自身による人材発掘や協議の取り組みを補完するため、候補者の指名を募ることとしました。事務総長は国連内部、特に高官レベルでジェンダー・パリティー(均等)の推進を約束しています。よって、女性の候補者人材を特に歓迎します。

SRSG(事務総長特別代表)とDSRSG(事務総長特別副代表)の役割と責任

事務総長特別代表と副代表は、それぞれミッションの団長と副団長の役割も果たします。SRSGは主導部局(平和維持活動局または政治局)の局長を務める事務次長を通じ、事務総長に直属します。特別代表には下記が期待されています。

• 安全保障理事会から与えられたミッションのマンデートを果たすための共有のビジョンを策定するとともに、このビジョンに関する目標と目的を達成するための戦略的方向性を定める。
• 事務総長を代表するとともに、その代理として、紛争の解決、交渉の促進、平和の醸成および当事者間の信頼関係構築に向けた斡旋活動を行う。
• ミッション団長を務め、ミッションのリソースと事務の運営管理、および、アカウンタビリティー、誠実性、尊重を重視するミッション文化構築に責任を負う。
• 適宜、地域機関を含め、国内的、地域的および国際的対話者との密接な実務関係を確立、育成する。
• 国連を代表して発言し、受入国への国連の包括的な関与につき、全体的なリーダーシップを発揮することで、常に国際人権基準を指針とする行動を確保する。
• 女性と平和、安全に関する安保理決議を推進、監視するとともに、ミッションの活動全体を通じたジェンダーの主流化を確保する。
• 指定担当官(Designated Official, DO)として、ミッション展開地域で国連職員の安全と安心を確保する。

事務総長特別副代表はSRSGに直属し、ミッションの政務および/または法の支配要素に基づくプログラムの戦略的計画と実施に関し、全般的なビジョンを提供するとともに、リーダーシップを発揮する責任を担います。

望まれる人材像

国連は、優れた政治的洞察力を備え、パートナーシップの形成、交渉の促進および多様な当事者間のコンセンサス構築の能力を備えた効果的かつ意欲的なリーダーを探しています。国連ミッションの団長は模範を示しつつ、さまざまな国から集まった多くの専門分野にわたる人員をリードし、鼓舞し、意欲を起こさせ、その尊敬を得ることが期待されています。また、国連事務総長の代表として、国際的な人権の尊重を含め、最も慎重を要する問題に関し、あらゆるステークホルダーとの原則に基づく建設的なやり取りを維持します。

候補者には、下記が要求されます

• 紛争、紛争後復興、平和構築および/または開発の分野を含め、政府、非政府、国際および/または地域のハイレベルでの20年以上にわたる実証済みの経験
• 強いリーダーシップと管理能力
• 高い水準の感情的知性と政治的洞察力
• 優れたコミュニケーション能力
• ステークホルダー間でコンセンサスを構築し、複雑な多文化的、学際的フィールド・ミッションの作業を調整する能力
• 非の打ちどころのない誠実な人格と人権の尊重
• 確かな文化的、ジェンダー的配慮
• 英語に堪能であること。国連フィールド・ミッションの展開地域に鑑み、フランス語とアラビア語を話す候補者の指名を奨励します。

立候補または推薦の方法

今回のグローバル・キャンペーンにつき詳しくは、事務総長のウェブサイトをご覧ください。

加盟国と諸団体はぜひとも、適任の候補者を指名してください。国連はまた、これらのポストの要件に見合う候補者の自薦による応募も受け付けています。

指名文書は、履歴書とビジョン・ステートメントを添えたうえで、オンライン・プラットフォームを通じ、2017年4月15日までにご提出ください。

今後の予定

国連は、プロフィールに見合う具体的ポストに欠員が出た場合のみ、適任と見られる候補者に連絡します。特定の欠員に関する選任プロセスでは、競争評価も行います。

最終リストに残った候補者の方々には、人権に関する自己認証書と、任命前利害関係申告書を作成していただきます。

*******************************************************************************

さらに詳しく知りたい方へ

国連のフィールド・ミッションは、予防と政治プロセスの促進に注力する比較的小型の政治ミッションから、世界でも有数の困難かつ不安定な地域に展開する大規模な多元的組織に至るまで、幅広い規模とマンデートを備えています。その任務としては、和平合意の仲介または監視、脆弱な治安情勢の安定化、復興と持続的な平和に向けた基盤の整備が挙げられます。国連フィールド・ミッションについてさらに詳しくは、国連政治局平和維持活動局のウェブサイトをご覧ください。

国連のフィールド・ミッションは、不安定で複雑な環境で展開されます。配属先は原則的に現地であり、任地のほとんどは家族同伴不可となっています。任地の区分情報は人的資源管理部(OHRM)のウェブサイトで、定期的に更新されています。以下をご覧ください。

ミッションの団長と副団長は、事務総長が任命します。ポストとしては、事務次長(USG)または事務次長補(ASG)レベルの扱いになります。任命は1年間の有期契約となりますが、事務総長はその裁量により、実績とマンデートの継続性に基づき、これを更新できます。ミッションの団長と副団長は現地に駐在しますが、そのほとんどは家族同伴不可の任地となっています。報酬に関する詳しい情報については、人的資源管理部ウェブサイトをご覧ください。

事務総長は国連内部、特に高官レベルでジェンダー・パリティー(均等)の推進を約束しています。こちらの動画「国連で働く女性たち」(日本語字幕付)をご覧ください。
オリジナル英語版 “Women of the UN Making a Difference” はこちらです。

グローバル・キャンペーンへのリンクはこちらです。
https://www.un.org/sg/en/vacancies/index.shtml
https://www.un.int/pm/vacancies

人権関連のスクリーニング

加盟国から指名されたか、あるいは何らかの個人的資格で国連での勤務を希望される方には、具体的ポストの最終候補リストに入った段階で、刑事犯罪を働いたことも、それによる有罪判決や訴追を受けたこともなく、かつ、作為、不作為の別にかかわらず、国際人権法または国際人道法の違反に関与したこともないことを表明する自己認証書を作成していただきます。

利益相反

また、具体的ポストの最終候補リストに残った方には、事務総長(副)特別代表に任命された場合に生じかねない利益相反を特定、管理するため、高官ポスト向けの任命前利害関係申告書も作成していただくことになります。

今回のキャンペーンに関するご質問は、leadership@un.org までお寄せください。

国連本部 
事務総長室フィールド支援担当
シニア・リーダーシップ アポイントメンツ・セクション(Senior Leadership Appointments Section)