• プリント

事務総長、世界の広告大手6グループとともに、持続可能な開発目標を支援する Common Ground イニシアチブを発表

プレスリリース 16-056-J 2016年06月29日

©UN Photo/Eskinder Debebe

©UN Photo/Eskinder Debebe

カンヌ(フランス)– 潘基文(パン・ギムン)国連事務総長は2016年6月24日、世界の広告大手6グループが持続可能な開発目標(SDGs)を支援するためにつくられた画期的なイニシアチブの立ち上げを発表しました。

事務総長は第63回「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル」の席上で次のように述べました。「広告業界はきょう、貧困や不正、不平等をなくすため、史上初の大きな一歩を踏み出しました。世界の広告大手6グループが、これまで不可能とも見られていた取り組みに向けて立ち上がったのです。6グループは立場の違いを越え、持続可能な開発のための2030アジェンダとSDGsの実現を図る独創的で刺激的なイニシアチブを支援することに合意しました」

事務総長は、取り組みを成功させるためには、人類のための15年間に及ぶ真剣なパートナーシップが必要となることを強調しました。そして、この新たな取り組みは「私たちが共通の利益に向けてCommon Ground(共通の立場)を見出すための事例であると同時に、課題でもある」と述べました。

今回のCommon Ground イニシアチブは、電通、Havas、IPG、Omnicom、Publicis Groupe、WPP の協力によって生まれました。

電通社長兼CEOの石井直氏、Havas会長兼CEOのヤニック・ボロレ氏、IPG会長兼CEOのマイケル・ロス氏、Omnicom社長兼CEOのジョン・レン氏、Publicis Groupe 会長兼CEOのモーリス・レヴィー氏、WPP創設者兼CEOのマーティン・ソレル氏は共同声明を発表し、次のように述べました。

「広告キャンペーン『Common Ground』は画期的なプロジェクトです。国連で採択されたSDGsの達成に向けて、6グループがライバル関係を超えて手を取り合い、世界が抱える深刻な課題に取り組むものです。熾烈な競争関係にある広告会社同士が広い共通課題のために連携・協業することで、他の業界・企業においても、同じような取り組みや関係性が生まれることを期待しています」

事務総長は「この種のイノベーションの機は熟しています」と述べ、さらに「今年は15カ年計画実施の1年目にあたります。最終的に目標を達成するためには、最初が肝心です。広告業界はそのクリエイティビティーと活力に定評があります。国連は、地球と人類が直面する最大の課題への取り組みに、このダイナミズムを動員することを全面的に支持します」と続けました。

2015年9月に世界のリーダーが全会一致で採択した持続可能な開発アジェンダは、これまで合意された貧困対策と地球環境保護を目指すアジェンダの中で、最も野心的なものであり、SDGsはその中心的な存在となっています。アジェンダは、すべての国々に適用し、誰も置き去りにしないという、私たちが望む世界像をはっきりと定めています。

Common Groundについて

この新たな協力関係は、持続可能な開発目標(SDGs)実現に向けた取り組みに総力を結集すること、そして、他業界にもこれに追随し、それぞれの共通の立場を見出すよう促すことという2つの目的を掲げ、直ちにスタートすることになります。

Common Groundイニシアチブの先陣を切るグローバル広告キャンペーンに対しては、主要企業やソートリーダーシップ(thought-leadership)関連の刊行物が広告スペースを無料で提供する予定です。

さらに、大手広告6グループは、SDGsをテーマとした今年のカンヌ・ヤングライオンズの各受賞アイデアにつき、開発資金を提供することにも合意しています。ヤングライオンズ・コンペティションに対して初めて提供されるこの資金は、受賞コンセプトをさらに発展させ、これを実用化できるチャンスを最大限に高めるために用いられることになっています。

Common Ground のコミュニケーションビジュアルは、こちらをご覧ください。

持続可能な開発のための2030アジェンダについて

国連加盟国は2015年9月、経済成長、社会的包摂、環境保護という3つの相互に関連する要素を柱とする「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を全会一致で採択しました。17項目の「持続可能な開発目標」(SDGs)を中心とするこのアジェンダは、普遍的、統合的かつ変革的な性質を備えるとともに、今後2030年までに貧困に終止符を打ち、格差を縮小し、気候変動に取り組むことをねらいとしています。

さらに詳しい情報については、ウェブサイト(www.un.org/sustainabledevelopment)をご覧になるか、Twitter(@GlobalGoalsUN)とFacebook(www.facebook.com/globalgoalsUN)でフォローしてください。

メディアのお問い合わせ先

UN Department of Public Information(国連広報局):
Francyne Harrigan
電話:+1 (917) 428-7505
メールアドレス:harriganf@un.org

* *** *