• プリント

国連広報センター:日本の気象キャスター向けに 世界遺産への気候変動の影響を伝えるためのツール集を公開

プレスリリース 15-100-J 2015年11月17日

今月30日から国連気候会議(COP21)がフランスのパリで開催されるのを前に、国連広報センターはこのたび、日本の気象キャスターらが活用する目的で、日本で登録されている世界遺産に気候変動がどのような影響を与えているのかを示した映像等のツール集を公開しました。

これは、気象キャスターや気象予報士らが気象・環境・防災に関する啓発活動などのために組織している特定非営利活動法人気象キャスターネットワークと連携して制作したものです。国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書などをもとに、日本で登録されている世界遺産である知床、白神山地、富士山、京都、屋久島の5つについて、現在あるいは将来、気候変動によるものと見られる影響や懸念を、動画や写真、解説CG、説明ナレーション原稿をセットにして解説しています。知床では、流氷の減少により海から陸につながる豊かな生態系が変化しつつあります。また、白神山地のブナ林が温暖化で失われる恐れがあること、京都では温暖化によって桜の開花が早まり、紅葉の時期が遅くなっていることなどを指摘しています。

国連広報センターの根本かおる所長は「気象キャスターたちは毎日視聴者に語りかけて信頼感があり、複雑な気象データや情報、予報、警報を、視聴者にとってより身近な、分かりやすい情報にして伝えることに長けています。しかしながら、十分に伝えるためのリソースがなくて困っているという現状があるとうかがいました。今回の映像ツール集を活用して、気候変動の課題についてより積極的に視聴者に訴えていただければと願っています」と意義と期待について語っています。

ツール集を入手ご希望の方は、気象キャスターネットワーク(電話:03-5832-9401、メール:info@weathercaster.jp)までご連絡ください。

今回のツール集の概要は、国連広報センターのウェブサイトからご覧いただけるようになっています。

取材などの問い合わせ先:国連広報センター (電話:03-5467-4451)

* *** *