• プリント

持続可能な開発に関するハイレベル政治フォーラム(2017年7月10-19日、ニューヨーク)概要

プレスリリース 17-029-J 2017年07月05日

概 要

世界中で、17の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成を目指す具体的な行動がすでに始まっています。7月10日から19日にかけ、ニューヨークの国連本部で開催される今年の「持続可能な開発に関するハイレベル政治フォーラム(HLPF)」では、40を超える国々がSDGs達成に向けた計画を発表することになっています。

各国政府や企業、民間社会は、SDGsを達成し、誰も置き去りにしないという強い決意を示し続けています。7月17日から19日の3日間にわたり行われる閣僚級会合では、以下の国々が「自発的レビュー(NVR)」報告書を提出する予定です。

アフガニスタン、アルゼンチン、アゼルバイジャン、バングラデシュ、ベラルーシ、ベルギー、ベリーズ、ベナン、ボツワナ、ブラジル、チリ、コスタリカ、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エルサルバドル、エチオピア、グアテマラ、ホンジュラス、インド、インドネシア、イラン、イタリア、日本、ヨルダン、ケニア、ルクセンブルク、マレーシア、モルディブ、モナコ、ネパール、オランダ、ナイジェリア、パナマ、ペルー、ポルトガル、カタール、スロベニア、スウェーデン、タジキスタン、タイ、トーゴ、ウルグアイ、ジンバブエ

今年のフォーラムでは「変化する世界における貧困の根絶と豊かさの推進」がテーマとなりますが、中でもSDGsの目標1、2、3、5、9および14が議論の中心となる予定です。また、目標17は毎年の検討対象となっています。

2016年1月に正式に発足したSDGsは、貧困や不平等、環境破壊、豊かさ、平和と正義に関するものを含め、私たちが直面するグローバルな課題への新たな取り組み方を示しています。

HLPFは、地方、国内、地域、グローバルの各レベルでSDGs達成に向けた行動を起こさなければならないという認識のもと、成功例や課題、得られた教訓を含む経験の共有を通じ、2030年までにSDGsを達成するための政治的リーダーシップ、指針、提言を提供するうえで欠かせないグローバルな話し合いの場となります。また、SDGsの実施、フォローアップ、再検討を強化するための政治的リーダーシップ、指針および提言を提供するという役割もあります。フォーラムはこの役割を果たすため、ベストプラクティスの共有促進と国際協力の支援を行いながら、説明責任の促進を図っています。

HLPFには、各国政府、市民社会、企業、主要グループやその他のステークホルダーを含め、SDGsの達成に欠かせない役割を果たす社会の全部門が参集します。

地域レベルでは、国連の地域経済委員会が、主要グループをはじめとするステークホルダーなど、関連の地域主体が参画する持続可能な開発に関する年次地域フォーラムなどを通じ、HLPFにさまざまな意見を持ち寄るうえで重要な役割を果たすことになっています。

HLPFでは地域別に、また、後発開発途上国や小島嶼開発途上国など、一定のリスクや脆弱性を抱える国ごとに、SDGs達成に向けた進捗状況を検討します。この検討にあたっては、国連経済社会理事会(ECOSOC)の機能委員会に加え、その他の政府間機関やフォーラムも支援を提供し、SDGsの総合的な性質と目標間の相互連関が反映されるようになっています。

その他、HLPFの重要な要素としては、国連事務総長が発表するSDGsに関する年次進捗状況報告書が挙げられます。ECOSOC開発資金フォーラムと「SDGsのための科学技術とイノベーションに関するマルチステークホルダー・フォーラム」の成果も、HLPFでの議論の参考となります。

HLPFの閉幕時には、閣僚宣言が採択される予定です。HLPFのプログラムやサイドイベント、これと並行して行われるその他の活動について詳しくは、下記をご覧ください。
https://sustainabledevelopment.un.org/hlpf

 

持続可能な開発目標(SDGs)

目標1:あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ
目標2:飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する
目標3:あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する
目標4:すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する
目標5:ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る
目標6:すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する
目標7:すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する
目標8:すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセ ント・ワークを推進する
目標9:レジリエントなインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、イノベーショ ンの拡大を図る
目標10:国内および国家間の不平等を是正する
目標11:都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする
目標12:持続可能な消費と生産のパターンを確保する
目標13:気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る
目標14:海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する
目標15:陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る
目標16:持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供す るとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する
目標17:持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

SDGsとそのターゲット、指標についてさらに詳しくは、下記をご覧ください。
https://sustainabledevelopment.un.org/sdgs 
http://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/ 

* *** *

このテーマに関する記事:

持続可能な開発に関するハイレベル政治フォーラム(2017年7月10-19日、ニューヨーク)よくある質問

SDGs シリーズ「なぜ大切か」