• プリント

総会と安全保障理事会、ICJ 判事に岩澤雄司(いわさわ・ゆうじ)氏を選任

プレスリリース 18-40-J 2018年06月26日

ハーグ、2018年6月22日-総会と安全保障理事会は本日付で、岩澤雄司氏(日本)を国際司法裁判所(ICJ)判事に選出、任命しました。

東京大学教授の岩澤氏は、2018年6月7日に辞任した小和田恒・元 ICJ 判事の後任を務めます。ICJ 規程第15条に基づき、岩澤氏の任期は、小和田氏の当初の任期である2021年2月5日に満了します。

岩澤氏の略歴(英文)は以下のプレスリリースの Annex 部分 をご覧ください。
http://www.icj-cij.org/files/press-releases/0/000-20180622-PRE-01-00-EN.pdf

総会と安全保障理事会での選任の模様は、UN Multimedia/Photo をご覧ください。

 

国際司法裁判所(ICJ)の構成

2018年6月22日の総会と安全保障理事会による岩澤氏選任を受けた ICJ 判事の構成は次のとおり。

裁判長:アブドゥルカウィ・アハメド・ユスフ(ソマリア)
副裁判長:薛捍勤(シュエ・ハンチン)(中国)
判事:
ペーテル・トムカ(スロバキア)
ロニー・アブラハム(フランス)
モハメッド・ベヌーナ(モロッコ)
アントニオ・アウグスト・カンサード・トリンダージ(ブラジル)
ジョアン・E・ドノヒュー(米国)
ジョルジオ・ガヤ(イタリア)
ジュリア・セブティンデ(ウガンダ)
ダルヴィール・バンダーリ(インド)
パトリック・リプトン・ロビンソン(ジャマイカ)
ジェームス・リチャード・クロフォード(オーストラリア)
キリル・ゲボージャン(ロシア連邦)
ナワーフ・サラーム(レバノン)
岩澤雄司(日本)

* *** *

外務省ウェブサイトに掲載の関連情報(日本語略歴を含む)はこちらをご覧ください。

©UN Photo/Eskinder Debebe (file photo)