• プリント

7/3(水)開催 報告書「国連ミレニアム開発目標(MDGs)2013」発表会(東京)

プレスリリース 13-032-J 2013年06月19日

国連ミレニアム開発目標(MDGs)の達成期限である2015年が近づいています。グローバル経済・金融危機の影響にもかかわらず、MDGsの目標達成に向けた進展が多くの分野で見られます。とはいうものの、環境の持続可能性や妊産婦死亡率の改善など、十分な進展が見られているとは言い難い分野も多くあります。特に、最も遅れが目立つ地域では前進を一気に速め、最大限の前進を達成するため、なお一層の取り組みが緊急に必要とされています。国際社会は、これまでの実績を基に現在の勢いをさらに強めることで、2015年までにできるだけ多くの目標を達成し、すべての人にとっての前進を実現することが求められます。

スイスのジュネーブでは7月1日(月)、潘基文(パン・ギムン)国連事務総長が「国連ミレニアム開発目標(MDGs)報告書2013」の発表会を行う予定です。これに合わせ、東京の国連広報センター(UNIC)は、本報告書の首席執筆者である大崎敬子・国連統計部副部長(人口社会統計担当)をブリーファーに迎え、7月3日(水)、東京・渋谷の国連大学ビルにおいて、以下の要領で国内での発表会を行う運びとなりました。皆様のご参加をお待ちしております。

日  時: 2013年7月3日(水)

*使用言語別に以下の2つのセッションを実施します。
第1部:英語   14:00-15:00 (13:40より2階で受付開始)
第2部:日本語  15:30-16:30 (15:10より2階で受付開始)

場  所: 国連大学エリザベス・ローズ会議場(東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学本部ビル5階)

言  語: 英語・日本語

定  員: 各セッション100名(先着順)

参加費 : 無料

主  催: 国際連合広報センター

ブリーファー: 大崎敬子・国連統計部副部長(人口社会統計担当)

お問い合わせ: 国連広報センター(Tel: 03-5467-4451)

お申込み: 参加ご希望の方はEメールにて7月1日(月)までにお申込みください

*件名を「MDGs2013」とし、以下の事項を明記の上、国連広報センター( event@untokyo.jp )までお申込み願います。

①氏名(漢字表記およびローマ字表記)
②所属(団体名および肩書き)
③連絡先(電話番号およびメールアドレス)
ご希望のセッション(英語・日本語)

*定員になり次第締め切りとし、定員オーバーの場合のみ、こちらからご連絡いたします。なお、受講票の発行は行いません。

* *** *

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。