• プリント

潘基文(パン・ギムン)国連事務総長の訪日について

プレスリリース 13-021-J 2013年05月27日

潘基文国連事務総長は、日本の横浜市で開催される第5回アフリカ開発会議(TICAD V)に出席するため、5月30日(木)にニューヨークを出発する予定です。

事務総長は6月1日(土)、会議の開幕において、TICADプロセス20周年とアフリカ統一機構(OAU)発足50周年を記念した基調講演を行う予定です。

また「第2回野口英世アフリカ賞」授与式にも出席する予定です。同賞は、アフリカでの感染症等の疾病対策のための、医学研究・医療活動の分野において顕著な功績を挙げた個人・団体を顕彰する賞です。

6月2日(日)には、「ポストMDGsに向けて」と「平和と安定」をテーマとするTICAD Vセッションにそれぞれ出席する予定です。

また、「アフリカの開発―災害と気候変動に対して強靭な社会を目指して」をテーマとした、世界銀行と国連開発計画(UNDP)によるハイレベル・イベントにも出席する予定です。

TICAD Vと並行して、会議に出席する各国首脳との二国間協議も行う予定です。

事務総長は3日(月)にニューヨークへ戻る予定です。

* *** *

潘基文国連事務総長©UN Photo/JC McIlwaine
国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。