• プリント

6/30開催 第16回いっしょに国連セミナー:人道支援におけるWFPの役割

プレスリリース 11-036-J 2011年06月02日

ゲスト・スピーカー:モハメッド・サレヒーン WFP国連世界食糧計画日本事務所代表

国連広報センター(UNIC)はこのたび、「いっしょに国連」キャンペーンの一環として、第16回「いっしょに国連セミナー」を開催します。今回は、WFP国連世界食糧計画日本事務所代表のモハメッド・サレヒーン氏をゲスト・スピーカーに迎え、「人道支援におけるWFPの役割」をテーマに、WFPの活動や東日本大震災でのWFPの対応について講演していただきます。また、参加者と共にディスカッションも行う予定です。ぜひ奮ってご参加ください。

サレヒーン氏は国連職員として30年以上のキャリアを持ち、イラク、スーダン、インドネシア、スリランカにてWFP事務所長や代表を歴任。また、在パキスタン国連人道問題調整事務所(UNOCHA)副人道支援調整官として、アフガニスタンや周辺諸国における支援活動に従事。2008年より現職。


テ ー マ:「人道支援におけるWFPの役割」
日 時:2011年6月30日(木) 15:00-16:00 (受付14:30より2階にて)
場 所:国連大学本部ビル8階 国連広報センター(UNIC)【地図】http://www.unu.edu/access/
言  語:英語(通訳なし)
主 催:国連広報センター
定員および参加費: 50名(先着順)、無料
対 象:学生、一般ほか
申し込み方法:参加ご希望の方はEメールにて、件名を「いっしょに国連セミナー参加申し込み」とし、以下の事項を明記した上で、メールアドレスintern.unic@gmail.comまでご応募ください。
①氏名(漢字表記及びローマ字表記)、②所属(学校名)及び肩書き、③ 連絡先(電話番号、FAX番号及びEメールアドレス)
締め切り: 2011年6月28日(火)
お問い合わせ:国連広報センター(担当: 斉藤Tel: 03-5467-4451/E-mail: intern.unic@gmail.com

「いっしょに国連~つながろう国連と~」に関する詳細は
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/together-un/index.htmlをご覧ください。

* *** *

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。