• プリント

世界トイレ・デー(11月19日)に寄せるアントニオ・グテーレス国連事務総長メッセージ

プレスリリース 20-091-J 2020年11月25日

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的大流行(パンデミック)は、感染症の蔓延を食い止めるうえで、衛生と安全な水、手洗い施設がどれだけ大切かを改めて痛感させる出来事となりました。誰もが衛生的で安全、かつ持続可能な衛生施設を利用できるべきです。すべての人の健康を確保できる方法は、それ以外にありません。

しかし、いまも世界の42億人が依然として安全な衛生施設を使えていません。このうち、世界人口の4分の1を超える20億人は、基礎的な衛生施設さえも欠いており、これが健康や尊厳のほか、経済開発も根底から損なっています。

しかし、衛生面で飛躍的な改善を遂げることは可能です。トイレの普及や、下水の処理・利用の改善を含むプログラムを通じ、一世代の間に衛生施設やサービスを一変させた国も多くあります。こうした国では、保健制度や経済、さらには環境にも波及効果が生まれました。

すべての人に水と衛生を普及させるために必要なコストは、世界の国内総生産の1.5%に相当しますが、これによって投資1ドル当たり4ドルを超える収益という、大きな経済的利益も生まれると見られます。

COVID-19のパンデミックのようなショックに対処するためには、現在の衛生サービスを強靭なものとしなければなりません。私たちが今すぐ行動しなければ、気候危機によって何百万もの人々の衛生サービスが混乱することになるでしょう。衛生サービスを未来に適したものとするため、私たちには革新的な思考が求められているのです。

「世界トイレ・デー」にあたり、今日の、そして将来の世代のために、全世界の数十億の人々に健康と衛生を届けるための行動を取ることを決意しようではありませんか。

* *** *