• プリント

10月4日付朝日新聞に、事務総長の寄稿が掲載されました

2019年10月07日

10月4日付 朝日新聞に、アントニオ・グテーレス事務総長による気候変動に関する寄稿が掲載されました。

この記事は、「Covering Climate Now」に加わる参加メディアに寄せられました。これは、世界の約300のメディアが参加して気候変動の報道を強化する運動で、朝日新聞もそのメンバーです。

事務総長は寄稿の中で、9月23日の気候行動サミットが世界に衝撃を与え、より大規模に行動を加速させるよう仕掛けられこと、また同サミットが気候変動の厳しい真実を世界に知らしめ、リーダーとそうでない国を明らかにしたことを述べて、もはや拒否する人や大排出国が隠れる場所はない、と訴えます。

記事は以下からご覧いただけます。

https://www.asahi.com/articles/ASMB47DRVMB4ULBJ01P.html?iref=pc_ss_date

【関連記事】
気候行動サミット、2020年を期限とする主な気候目標の達成に向け、 各国の野心と民間セクターの行動に大きな前進をもたらす(2019年09月27日)

気候行動サミットに先立ち、国連事務局の排出量を2030年までにほぼ半減させる計画を採択 (2019年09月24日)

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。