• プリント

1月15日付の公明新聞に、根本かおる所長の鼎談記事「誰一人取り残されない世界に」が掲載されました

2017年01月16日

1月15日付の公明新聞に、根本かおる所長の鼎談記事「誰一人取り残されない世界に」が掲載されました。

昨年から本格的な取り組みがスタートした「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成について、公明党のSDGs推進委員会事務局長を務める岡本三成氏、同じく国際局次長を務める高瀬弘美氏と語り合った根本所長。SDGsを「地球のマスタープラン(基本計画)」と捉え、日本をはじめとする先進国も含めた国際社会共通の目標であることを強調しました。

鼎談記事はこちらからご覧いただけます。