• プリント

1月31日付の朝日新聞で 国谷裕子さんがナビゲートする企画「2030 SDGsで考える」が始まりました

2017年01月31日

国連経済社会局のトーマス・ガス事務次長補、キャスターの国谷裕子さんと記念撮影する根本かおる所長。インタビュー収録時に©朝日新聞社

国連経済社会局のトーマス・ガス事務次長補、キャスターの国谷裕子さんと記念撮影する根本かおる所長。インタビュー収録時に©朝日新聞社

1月31日付の朝日新聞で、キャスターの国谷裕子さんをナビゲーター役に展開する企画「2030 SDGsで考える」が始まりました。

国連経済社会局のトーマス・ガス事務次長補とのインタビュー、17ゴールの詳細のほか、第1回では「食品ロス」の問題にフォーカスしています。紙面は以下からご覧いただけます。

(1面)「SDGs」日本が牽引を
(2面)インタビュー「自国第一」を超え共に未来へ/食品廃棄 削減に挑戦 
(5面)SDGsの17目標「新しいものさし」で考えよう 

朝日新聞デジタルでは、インタビュー動画や関連するコンテンツをまとめた特設ページ[別窓]がご覧になれます。

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。